スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


≫≫ このブログの 目次(もくじ) を見る

シリコンシャンプーのデメリット&メリット

シリコンシャンプーのデメリット&メリット


■パーマがかかりにくい。染まりにくい。

シリコンは、
髪の毛をコートして、保護するので、
たしかに、パーマがかかりにくくなったり、
カラーが染まりにくくなるという
話を聞きます。

どうやら、
シリコンシャンプーは、
美容師さんに嫌われているようです(笑)。

ただ、美容室シャンプー
(美容院でだけ販売しているシャンプー)でも
シリコン入りのものは、
結構ありますし、、、
市販のシャンプーは、ほぼ全てシリコン入りと
いってもいいです。
ですから、
ほとんどの人はシリコン入りのシャンプーを
使っていると考えていいでしょう。
ノンシリコンシャンプーを使っている人のほうが、
ずっと、少ないのです。

それでも、皆さん、普通にパーマもカラーも、
どんどんしていますから、
さほど気にするようなことではないと思われます。



だいたい、
「シリコンシャンプーを使ってる人は、
 パーマやカラーがやりにくいわ。」

なんて言っている


美容師さん自身が、

シリコン入りである
ケラスターゼや、ハホニコをオススメしていることも、
少なくないのです。


ケラスターゼ、ハホニコは、
美容院・サロン専売のシャンプーやトリートメントを
販売していますが・・・
これらにも、シリコンがきっちり、
入ってますよ!!

美容師さんは、そのことを知っているのでしょうか?

そもそも、美容師さんだからって、
シャンプーの成分のことを、
詳しく知っている人は少ないのです。
(一般人よりは美容師さんのほうが、
 シャンプーのことを良く知っている人が、
 確率的に多いというだけです。)


美容院・サロン専売品である
シャンプーやトリートメントも、
全部が良いものではありません。
むしろ、良いものは、少ないです。

そんなわけで、
美容師さんだって、
シリコンのことをよく知っているわけでも
ないのです。






話を戻しますが・・・(笑)



最近はシリコンも進化してきています。



ネット状(網状)にコーティングするようになってます。


ラップのようにコーティングするのではなく、
ストッキングのようにコーティングするのです。


そのため、
皮膚呼吸を妨害しないようになっています。

パーマ、カラーも、
問題なく、かかります。


シリコンの撥水性のため、
すこしは、液の浸透がしにくいかもしれません。

しかし、一昔前の、
シリコンシャンプーよりかは、
ずっと、パーマ・カラーは
かかりやすくなっているはずです。


一昔前は、
ほぼ全員、安物シリコンシャンプーを使って、
パーマ・カラーをしていました。
そして、問題なく、
パーマもカラーもかかっていました。

そして、
その頃より、ずいぶん、進化しました。

ですから、
「シリコンがパーマ・カラーを妨害する」
というのは、
まったく、気にするほどのことでは
ありません。


ものすごい誇張・拡大をして、
シリコンの害を、
言っているだけだとおもいます。





揮発性のシリコンを使うところも、増えています。


パーマ・カラーの2?3日前から、
シリコン入りのシャンプー・トリートメントを避ければ、
揮発していくので、大丈夫です。







■地肌にくっついて、毛穴が小さくなるかも。薄毛の危険。

最近のシリコンは、
網目状にコーティングします。

分子も大きいので、
肌に直接入り込むようなことはありません。



ちなみに、
SK??の肌につけるクリームなども、
シリコンを配合しています。

肌に直接、塗りこむようなものに、
シリコンが入ってます。

もし、シリコンが毛穴などに詰まるのであれば、
アレルギーなどの被害ではありませんから、
体質など関係なく、均一に、多くの人に
被害が起こるでしょう。
SK-?の愛用者は多いですから、
大変な事になりそうです。

SK2だけではなく、ほかの多くのクリームにも、
シリコンは入ってますね。


ですから、あまり心配することはありません。



揮発性のシリコンも増えてきています。



2?3日で揮発するので、
地肌から取れないということはありません。



揮発性シリコンなら、蓄積することはありません。



揮発性ではないシリコンでも、
石鹸で十分落ちます。

蓄積するようなことは、ないでしょう。



それでも、気になる方は、、、、



シリコンシャンプーを使うときは、
以下のように工夫すればいいでしょう。

●あまり頭皮にこすりつけないように洗髪する。

●流すときに、しっかり頭皮を洗う。

●ノンシリコンシャンプーと交互に使用する。

●シャンプーはノンシリコンで、
  トリートメントをシリコン入りにして、
  毛先のほうだけケアする。





いずれにしても、
シリコンシャンプーに関しては、
あまり神経質にならなくても良さそうです。


うちの家族も、
長年、シリコン入りシャンプーを使ってますが、
誰も、薄毛になってません。





一方、シリコンのメリットは、


ツヤ・ダメージヘア修復の即効性と持続性

に、あります。


ほかでは、なかなか、この即効性と持続性は
得がたいものなのです。
それくらい、すばらしい効果をもっています。



シリコンは、化学変化を起こしません。

そのため、安全性は、ピカイチです。




シリコンは、
熱・摩擦・紫外線などから、髪を守ってくれます。



ダメージヘアには、ほんとに、必要不可欠といっていいです。



健康な髪には、不要かもしれませんが、
ダメージ予防という意味合いでは、
あったほうがいいでしょう。




このように、シリコンの
メリットとデメリットをよく知った上で、
シャンプーを選ぶといいのではないでしょうか。


【 関連記事 】
≫ シリコンシャンプーのデメリット&メリット
≫ ダメージヘア対策に シリコン vs ノンシリコン
≫ ノンシリコンのメリット(長所)
≫ ノンシリコンのデメリット(短所・欠点))
≫ ラサーナ シリコン入ってるけど大丈夫?
≫ ラウリル硫酸Naとラウレス硫酸Na
  (シャンプーで一番注意するべき成分)






≫≫ このブログの 目次(もくじ) を見る

tag : ヘアケア シャンプー 成分・ヘアケア ダメージヘア対策 シリコン・ノンシリコン論 コーティング剤 安全性・危険性

ピックアップ
記事リスト
最新の記事
もくじ・サイトマップ
目次 (TopPage)  全記事一覧
カテゴリ
PDタグリスト
 
CssTagCloud

ヘアケア  ダメージヘア対策  コーティング剤  レビュー  洗い流さないトリートメント  シャンプー  安全性・危険性  成分・ヘアケア  ノンシリコンシャンプー  コスメ  シリコン・ノンシリコン論  成分・シャンプー  トリートメントレビュー  シャンプーレビュー  目次  アミノ酸系シャンプー  コスメ成分の安全性・危険性の考え方  パサパサ髪対策  口コミ  クリーム  ラサーナ  スキンケア  シリコン入りシャンプー  カタツムリコスメ  成分・コスメ  シャンプーの使い方  ハホニコ十六油  ファッション  リンス・トリートメントの使い方  香りのいいシャンプー  オレフィンスルホン酸Na  トリートメント  石ケン系シャンプー  椿油  ラウリル硫酸・ラウレス硫酸  頭皮ケア  ヘアケアトライアル  おすすめシャンプー一覧  コスメレビュー  ノンシリコントリートメント  実体験レビュー  成分・界面活性剤  成分・防腐剤  無添加トリートメント  無添加シャンプー  ベタイン系シャンプー  ミルボン  アロマのやさしさ  パラベン  ケラスターゼ  すすぎ  レインウェア  ヘアケア最強バイブル  お得セット  レインブーツ  硫酸系シャンプー  プロのノウハウ  ヘアケア本  価格比較  コスメトライアル  耳より情報  ストレートジェル  コーセー  SALASA  男性用  ヘアケアランキング  レヴール  凜恋  大きいサイズ  タール色素  シャネル  ジュレーム  ブーツ  大島椿  トリートメント比較  黒ばら本舗純椿油  三原椿油  せっけん  ナチュールアロマシャンプー  ダフナ  入学式スーツ  ディーセスエストクアルSO  ディーセスエストクアルSL  シリコン入りトリートメント  目次トップ  エリシーナ・プラス  コスメランキング  ムートンブーツ  フェノキシエタノール  

月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム
ご連絡は、こちらからお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

参加ブログランキング一覧
i2i
資産運用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。