スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


≫≫ このブログの 目次(もくじ) を見る

ダメージヘア対策に シリコン vs ノンシリコン

ダメージヘア対策に シリコン vs ノンシリコン

「シリコン」。聞いたことある人も多いのでは?



ジメチコン、シクロメチコン、シリカ、シリル、シロキ、シラン


という名前で成分表に表示されているものが、シリコンです。


合成ポリマー・クロスポリマー
と表現されることもあります。



「ノンシリコン」のシャンプーが、ちょっとずつ、増えてきていますね。



「シリコンは、危ない!」

「合成ポリマーは、髪や肌にとって、良くない・・・。」


という情報が出ているからですね。


気になったので、シリコンのこと、調べてみました。


結論からいいますと、
シリコンは、それほど危険な物質ではありません。

一般的に、合成界面活性剤のほうが、よっぽど危険なようですね。
(合成界面活性剤にも、超要注意のものと、わりと安心なものがありますので、一概に言えませんが)


シリコンは、医薬品にも使われています。
豊胸手術なんかにも、使われていますよね。
生理用品のディーバカップ(月経カップ)も、シリコンでできてます。私も使ってますが、ものすごく使い心地いいですよ。
とにかく、ありとあらゆる分野に使われてます。

熱にも冷気にも強く、電気にも強いです。
ほとんど化学変化しません。
とにかく、変質しにくい物質です。
毒性は、ほとんどありません。

危険という人も、
「シリコンそのものは危険ではないが、
 毛穴などに詰まる可能性があるから、要注意」
ということです。

シリコンそのものは、
それほど危険なものではないのです。


シリコンは、
髪の毛を、すばやくコートしてくれるので、
1、2回、シリコン入りのシャンプーで洗うだけで、
ものすごく、
さらさら、ツヤツヤになるんですよ。

うちの子供たち、
ふだんは、せっけんシャンプーで洗っているのです。
それでも、十分、キレイになるし、
ツヤも出ます。
でも、たまに、1回か2回、
シリコン入の普通のシャンプーで
洗うんですね。
すると、そのツヤツヤ感たるや、
比べ物にならないですよ。


ブリーチ、染毛などで、
髪の毛が、かなり痛んでいる人にとっては、
シリコン配合のものを使ったほうがいいと思います。


シリコンは、
はがれかけたキューティクルや、
枝毛なんかを、すばやく、くっつけてくれます。
補修してくれます。


もともと、
ふつうのシャンプーをつかっていると、
合成界面活性剤などで、髪の毛がひどく痛みます。
その痛みをゴマかすために、
シリコンを配合して、ツヤツヤにしてみせていると思うのです。

合成界面活性剤が与えるダメージは、
すごいですよ。
それを、なんとかゴマかせるくらいの力と即効性を、
シリコンは持っています。

髪の毛が痛んでいる人には、必要性が高いんじゃないでしょうか。

そして、シリコンそのものには、
特に危険性はありません。


シリコンは、
痛んだ髪を、
即効で、修復・改善し、
キレイにツヤツヤに整えてくれます。


それが、シリコンのメリットです。


「わたしは、髪を大事にしたいの。
 シリコンなどに頼らない!
 いいシャンプーを見極めて、
 髪本来の自然なツヤの髪を目指す!!」
と、おっしゃるなら、
たしかに、それが一番いいとおもいます。

それがベストです。


でも、、、
危ない合成界面活性剤のシャンプーを、つかってたり、、、
染毛・ブリーチ、パーマなどで、
すっごく髪がダメージ受けているにも関わらず、

「シリコンは入ってないのがいい。
 ノンシリコンシャンプーがいい。」

というのは、かなり自殺行為だと思いますね。


ノンシリコンにこだわるのなら、
守ってくれるコートが無くなる分、
髪の毛を痛める要素(脱色・合成界面活性剤など)
に、同時に気を使うべきです。


結論。


わりあい健康な髪の人には、
ノンシリコンシャンプーをおススメいたします。




ダメージヘアの方には、
シリコン入りのシャンプーを、おススメいたします。

髪の毛は、そのままにしていても、
修復しませんから。
なにかで、修復する必要はあるわけです。

その修復に、ベストのものが、シリコンであると考えています。




また、トリートメント、
洗い流さないトリートメント(アウトバストリートメント)などは、
毛先につけるのがメインになり、
地肌にはつけないので、
トリートメントやリンスに関しては、
全面的に、
シリコン入りのほうが、いいように感じます。






⇒ ノンシリコンシャンプー一覧 【楽天】

この一覧の上位にきているシャンプーは、
ノンシリコンなだけでなく、
髪にやさしい
アミノ酸系シャンプーが多いですね。

「ラウリル硫酸ナトリウム」「ラウレス硫酸ナトリウム」
などといった、
毒性の強い合成界面活性剤を使っていません。
非常にいいと思います。

【 関連記事 】
≫ シリコンシャンプーのデメリット&メリット
≫ ダメージヘア対策に シリコン vs ノンシリコン
≫ ノンシリコンのメリット(長所)
≫ ノンシリコンのデメリット(短所・欠点))
≫ ラサーナ シリコン入ってるけど大丈夫?
≫ ラウリル硫酸Naとラウレス硫酸Na
  (シャンプーで一番注意するべき成分)



≫≫ このブログの 目次(もくじ) を見る

テーマ : ヘア・ケア
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : ヘアケア シャンプー 成分・ヘアケア ダメージヘア対策 シリコン・ノンシリコン論 コーティング剤 安全性・危険性

ピックアップ
記事リスト
最新の記事
もくじ・サイトマップ
目次 (TopPage)  全記事一覧
カテゴリ
PDタグリスト
 
CssTagCloud

ヘアケア  ダメージヘア対策  コーティング剤  レビュー  洗い流さないトリートメント  シャンプー  安全性・危険性  成分・ヘアケア  ノンシリコンシャンプー  コスメ  シリコン・ノンシリコン論  成分・シャンプー  トリートメントレビュー  シャンプーレビュー  目次  アミノ酸系シャンプー  コスメ成分の安全性・危険性の考え方  パサパサ髪対策  口コミ  クリーム  ラサーナ  スキンケア  シリコン入りシャンプー  カタツムリコスメ  成分・コスメ  シャンプーの使い方  ハホニコ十六油  ファッション  リンス・トリートメントの使い方  香りのいいシャンプー  オレフィンスルホン酸Na  トリートメント  石ケン系シャンプー  椿油  ラウリル硫酸・ラウレス硫酸  頭皮ケア  ヘアケアトライアル  おすすめシャンプー一覧  コスメレビュー  ノンシリコントリートメント  実体験レビュー  成分・界面活性剤  成分・防腐剤  無添加トリートメント  無添加シャンプー  ベタイン系シャンプー  ミルボン  アロマのやさしさ  パラベン  ケラスターゼ  すすぎ  レインウェア  ヘアケア最強バイブル  お得セット  レインブーツ  硫酸系シャンプー  プロのノウハウ  ヘアケア本  価格比較  コスメトライアル  耳より情報  ストレートジェル  コーセー  SALASA  男性用  ヘアケアランキング  レヴール  凜恋  大きいサイズ  タール色素  シャネル  ジュレーム  ブーツ  大島椿  トリートメント比較  黒ばら本舗純椿油  三原椿油  せっけん  ナチュールアロマシャンプー  ダフナ  入学式スーツ  ディーセスエストクアルSO  ディーセスエストクアルSL  シリコン入りトリートメント  目次トップ  エリシーナ・プラス  コスメランキング  ムートンブーツ  フェノキシエタノール  

月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム
ご連絡は、こちらからお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

参加ブログランキング一覧
i2i
資産運用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。