スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


≫≫ このブログの 目次(もくじ) を見る

シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの違い★いいのはどっち?

シリコン入りのシャンプーと
ノンシリコンシャンプーの本質的な違いは
どこなのでしょう?

シリコン入りとノンシリコン、
本当にいいのは、どちらなのでしょう?

シリコン入りとノンシリコン、
実は、

本質的な違いは、あまりありません。

シリコン入りシャンプーは、
シリコンというコーティング剤がはいっています。

ノンシリコンシャンプーは、
シリコンこそはいってないものの、
代わりとなる油やコーティング剤が
はいっているからです。

シリコンの代わりになっている油や
コーティング剤が
いいものとは限らないでしょう?

そもそも、
シリコン以上に優秀なコーティング剤なんて、
なかなかありません。
それくらい、シリコンは優秀な
コーティング剤です。

たまに、
シリコンを入れすぎているシャンプーがあり、
そういうシャンプーは問題がありそうです。



シリコンの入れすぎが問題なだけです。


油は酸化しやすく、匂いの原因になりやすいなど、
それぞれ欠点があるわけです。


だから、シリコン入りシャンプーか
ノンシリコンシャンプーかの違いは、
本質的にはないのです。



じっさいに、
シリコン入りシャンプーも、
いいシャンプーもあれば、
あまり良くないと感じるシャンプーもあります。

ノンシリコンシャンプーも、
いいシャンプーもあれば、
あまり良くないであろうシャンプーもあります。




シャンプーの善し悪しは、
シリコンのあるなしは、あまり重要ではありません。



シリコン以外の成分が大事です。

肌の弱い人にとっては、
アレルギーをひきおこすような
刺激の強い物質が入ってるかどうかが
とても重要です。


ラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naなど、
あまりにも強力な洗浄力で、
皮脂などのバリア機能を根こそぎ奪うような成分も、
避けた方がいいでしょう。


カチオン系界面活性剤も、
頭皮に刺激が強いので、
シャンプー剤としてはお勧めできません。
(リンスなどにはOK)

パラベンなどの防腐剤やタール色素は、
シャンプーはすぐに洗い流す前提ですから、
ほとんど悪影響はありません。

パラベンなどの防腐剤が入ってないほうが、
心配です。
お風呂場は湿気が多く、気温も高く、
腐りやすさが抜群です。
腐ったシャンプーのほうが、よほど危険でしょう。


このように、
シリコンのあるなし以外に、
重要な判断基準がたくさんあります。


くりかえしますが、

シリコンシャンプーか
ノンシリコンシャンプーかは、
あまり重要ではないのです。



どちらがいいか、そんなのは、
決められません。


あえていうなら、

リンスやトリートメントをしないシャンプーだけの人には、
シリコン入りシャンプーがいいと思います。

頭皮の毛穴づまりが気になる人は、
ノンシリコンシャンプーがいいかもしれません。

別にシリコンは揮発性で網状ですし、
ふつうは毛穴につまったりはしませんが、
シリコン配合量が多すぎるシャンプーも
ありますし、
気になる人もいらっしゃるでしょうから。


【 参考記事 】
≫≫ ノンシリコンのデメリット(短所・欠点)

≫≫ パラベンの安全性は? 危険なの?

≫≫ ラウリル硫酸Naとラウレス硫酸Na





≫≫ このブログの 目次(もくじ) を見る

tag : ヘアケア シリコン・ノンシリコン論 ノンシリコンシャンプー シリコン入りシャンプー 安全性・危険性 成分・ヘアケア 成分・シャンプー ダメージヘア対策 コーティング剤

シリコンなしシャンプーの注意点 ★髪にいいと思っていたのに・・・★

シリコンなしシャンプーって、
本当にいいのでしょうか?

シリコンなしシャンプーとは、
シリコンが配合されてないシャンプーです。

ジメチコンやシリカなど、シリコンにはいろんな種類があります。

そのような成分が一切つかわれてないシャンプーのことです。



「ノンシリコン」「シリコンフリー」
と一般的に言われています。

最近、ノンシリコンシャンプーがやたら流行ってますね。

でも、

シリコンが無いシャンプーにしたら、
よけい髪の毛がパサパサしたり、
髪が臭くなったりしたという人もいます。

1年以上使っても、
パサパサしたままという人も。


それもそのはず、



ノンシリコンだからって、
それだけで、
いいシャンプーなわけではないのです。



シリコン以外に、良くない成分が入っていれば、
それはおススメできないシャンプーになりますよね?



では、シリコンなしシャンプーを
使うとき、
どんなことに注意すればいいんでしょうか?



■ じつはリンスやトリートメントにシリコンはいってる



シリコンがはいってないシャンプーでも、
同じ系統のリンス・トリートメントには
シリコンがはいっているということ、
じつは、よくあります。



「シリコンがはいってると、カラー剤が入りにくい」
「シリコンがはいってると、キューティクルがはげやすくなる」

などなど、
あれだけシリコンを悪者にしている書き方をしてるのに、
リンスやトリートメントに
シリコンがはいっているのは、おかしな話です。


シリコンなしを貫きたい人は、
リンスやトリートメントも、
シリコンが入ってないものを選ぶと
いいでしょう。


でも実は、シリコンはそんなに悪い成分でも
ないんですけどもね。
それどころか、すごく優秀なコーティング剤です。
シリコンを悪者にしたほうが売れるから、
悪者にしてるだけではないでしょうか。


■ ノンシリコンシャンプーで髪がきしむ



髪の毛がパサパサになったりキシむ理由は、
あまりにも洗浄力の強い洗浄成分を
使っているからだという可能性があります。


頭皮や髪の油分が根こそぎ、
なくなってしまっているのではないでしょうか。

髪の毛や頭皮に、適度な油分がのこってこそ、
髪の毛や頭皮がいい状態に保たれます。


あまりに洗浄力の強いシャンプーだと、
油分が残らないので、
髪の毛がパサパサになったり、
キシんだりします。

洗浄力がマイルドなシャンプーなら、
適度がな油分がのこるので、
それほどキシんだり、パサパサになったり
しないはずです。


シリコンは、実は優秀なコーティング剤ですから、
シリコンが入ってないシャンプーだと、
よけいキシんだり、パサパサになったり
しやすいのは当然です。

シリコンが入ってる入ってないにかかわらず、

洗浄力が強力なシャンプーを避けること



が、大事です。


すくなくとも、
「ラウレス硫酸」「ラウリル硫酸」
がメイン成分で入ってる
シャンプーは、洗浄力が強力すぎるので、
避けたほうが無難でしょう。
(頭皮や髪の油分が汚れがすごく多い人は別)



洗浄力がマイルドな、
アミノ産系シャンプーやベタイン系シャンプーが
おススメです。



■ ノンシリコンシャンプーだと臭くなる理由



ノンシリコンシャンプーで髪や頭皮が臭くなる理由が、
はっきりわかっているわけではありません。

ただ、そういうケースを聞くのは確かです。

「加齢臭」のような匂いとも聞きますね。

★臭う原因として考えられること★

・あまりにも強力な洗浄成分をつかってたり、
 殺菌剤のいれすぎで、
 皮膚の常在菌が死滅してしまうため、
 かえって雑菌がわきやすくなり、
 それが匂いの原因となっている。


・シリコンのかわりに
 油をコーティング剤のメインにつかっていて、
 それが酸化してしまっている


・シリコンのかわりに、
 質の悪いコーティング剤が配合されている




以上のことは、
シリコンの有無にかかわらず、起こりうることですので、
気をつけたいところです。

対策としては、

★殺菌作用や洗浄力がマイルドなシャンプーを選ぶ
★油成分が酸化しないうちに、早めに使い切る
★よく、すすぐ


などが、あげられます。

このように、
シリコンなしシャンプーであれば、
いいというわけではないのです。


個人的には、
シリコンが適度に配合されているシャンプーのほうが
トラブルは少ないように感じます

シリコンがかなり多めにいれられているシャンプーは
たしかに良くないですけどね。

ほどほどの量なら、
シリコンが入ってるほうがいいようにかんじます。


パサパサ髪やダメージヘアにお悩みの人は、

★シリコンの有無よりも、
 「ラウリル硫酸○○」「ラウレス硫酸○○」
 といった刺激があり、
 強力すぎる洗浄成分がはいってるかどうかを、
 気にした方がよさそうです。



※「ラウレス硫酸○○」は、
 少なめに入ってる分には、さほど問題ないでしょう。

※「ラウリル硫酸○○」は、肌の中にはいりこみやすいので、
 注意してください。

≫≫ ラウリル硫酸Naとラウレス硫酸Na

≫≫ ノンシリコンのデメリット(短所・欠点)




≫≫ このブログの 目次(もくじ) を見る

tag : ヘアケア シリコン・ノンシリコン論 ノンシリコンシャンプー 安全性・危険性 成分・ヘアケア 成分・シャンプー ダメージヘア対策 コーティング剤

ラウレス硫酸アンモニウムとは? 安全性や特徴

ラウレス硫酸アンモニウムは、
シャンプーに最近よくつかわれている
成分ですね。

⇒  ラウレス硫酸アンモニウム を含むシャンプー一覧
けっこう、たくさんありますね。
ここまで多いとは思っていませんでした。



石油系・高級アルコール系の
界面活性剤(洗浄成分)です。


より知名度のある有名な成分、
「ラウレス硫酸Na」と、
「ラウレス硫酸アンモニウム」は、
基本的に同じようなものです。

ただ、
ラウレス硫酸Naよりかは、
ラウレス硫酸アンモニウムのほうが
コンディショニング効果があるよう
なので、重宝されるのでしょうね。
刺激も、
ラウレス硫酸アンモニウムのほうが、
穏やかです。

【特徴】
・洗浄力、脱脂力がとても強い
・泡立ちがいい。
・スッキリさっぱり。使用感がいい
・原価が安い

洗浄力が非常に強力なので、
気をつけないと、
必要な油分までも奪い去ってしまう
ようです。

頭皮が弱い方やアレルギー体質の方、
乾燥(ドライ)気味の肌質の方、
髪がパサパサの方などには、
おススメできません。

髪・頭皮がとても油分が多い方なら、
使っても、それほど問題はないでしょう。


「ラウリル硫酸」と名のつく成分は
脱脂力が強力な上、
皮膚への浸透力も強く、
ぜひとも避けたい成分ですね。

しかし、
「ラウレス硫酸」が名のつくものは、
脱脂力が非常に強力なこと以外は
そこまで危ない成分ではありません。

「ラウリル」と「ラウレス」は
はっきり区別したほうがいいです。

⇒  ラウレス硫酸アンモニウム を含むシャンプー一覧

有名なメーカーやシャンプーが
たくさんありますね。




≫≫ このブログの 目次(もくじ) を見る

tag : ラウリル硫酸・ラウレス硫酸 成分・界面活性剤 成分・ヘアケア 成分・シャンプー 安全性・危険性 ヘアケア 頭皮ケア ダメージヘア対策

ピックアップ
記事リスト
2013年07月の記事
もくじ・サイトマップ
目次 (TopPage)  全記事一覧
カテゴリ
PDタグリスト
 
CssTagCloud

ヘアケア  ダメージヘア対策  コーティング剤  レビュー  洗い流さないトリートメント  シャンプー  安全性・危険性  成分・ヘアケア  ノンシリコンシャンプー  コスメ  シリコン・ノンシリコン論  成分・シャンプー  トリートメントレビュー  シャンプーレビュー  目次  アミノ酸系シャンプー  コスメ成分の安全性・危険性の考え方  パサパサ髪対策  口コミ  クリーム  ラサーナ  スキンケア  シリコン入りシャンプー  カタツムリコスメ  成分・コスメ  シャンプーの使い方  ハホニコ十六油  ファッション  リンス・トリートメントの使い方  香りのいいシャンプー  オレフィンスルホン酸Na  トリートメント  石ケン系シャンプー  椿油  ラウリル硫酸・ラウレス硫酸  頭皮ケア  ヘアケアトライアル  おすすめシャンプー一覧  コスメレビュー  ノンシリコントリートメント  実体験レビュー  成分・界面活性剤  成分・防腐剤  無添加トリートメント  無添加シャンプー  ベタイン系シャンプー  ミルボン  アロマのやさしさ  パラベン  ケラスターゼ  すすぎ  レインウェア  ヘアケア最強バイブル  お得セット  レインブーツ  硫酸系シャンプー  プロのノウハウ  ヘアケア本  価格比較  コスメトライアル  耳より情報  ストレートジェル  コーセー  SALASA  男性用  ヘアケアランキング  レヴール  凜恋  大きいサイズ  タール色素  シャネル  ジュレーム  ブーツ  大島椿  トリートメント比較  黒ばら本舗純椿油  三原椿油  せっけん  ナチュールアロマシャンプー  ダフナ  入学式スーツ  ディーセスエストクアルSO  ディーセスエストクアルSL  シリコン入りトリートメント  目次トップ  エリシーナ・プラス  コスメランキング  ムートンブーツ  フェノキシエタノール  

月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム
ご連絡は、こちらからお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

参加ブログランキング一覧
i2i
資産運用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。