スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


≫≫ このブログの 目次(もくじ) を見る

パラベンとフェノキシエタノールの違い

パラベンとフェノキシエタノールの違い

パラベンも、
フェノキシエタノールも、

防腐剤です。


両方とも、化粧品によく使われています。

目薬、食品にも使われています。


パラベンは、
防腐剤として優秀で、
とても安全性が高いと評価されています。

フェノキシエタノールも、
同じくらい安全性は高く、
防腐剤としても、優秀です。




パラベンのほうが、
知名度が高く、
マイナスイメージも強いですね。

パラベンは、
「表示指定成分」であったからでしょう。
しかも、
パラベンは合成化学物質です。


フェノキシエタノールは、
「表示指定成分」では、ありませんでした。
そして、
自然界に天然物として存在する成分(緑茶など)
なんですね。
フェノキシエタノールは、自然派成分です。


そのため、
パラベンより、
フェノキシエタノールを使うほうが、
イメージが、いいようです。

じっさい、
「自然派」を主張する商品では、
フェノキシエタノールが使われていることが
多いのです。



パラベンとフェノキシエタノールの急性毒性を
見ていきましょう。


メチルパラベン 体重1kgあたり 2.5g。
フェノキシエタノールは、体重1kgあたり 1g。


急性毒性では、
パラベンのほうが、
フェノキシエタノールより、
安全性が高いようです。




アレルギーの問題ですが、、

パラベンは、
濃度が高くなると、
アレルギー症状が出る人がいます。
でも、
濃度が低いと、
アレルギー症状がほとんど出ません。

フェノキシエタノールは、
濃度に関係なく、
すこしでも配合されていると、
アレルギー症状が出る人がいるようです。

この点においても、
パラベンのほうが、優位だといえます。




一般的に、
フェノキシエタノールのほうが、
パラベンよりも、低毒性です。

しかし、
フェノキシエタノールは、
パラベンよりも防腐力が劣ります。
そのため、パラベンの倍以上、
化粧品に配合しなければいけないようです。


パラベンの濃度の上限は
法律で制限されています。
化粧品の1%までと、決まっているのです。

じっさいは、
パラベンが0.2%も入ってない化粧品が
ほとんどです。
(日本の化粧品の場合ですが)

パラベンは、
0.25%以上になると、
刺激を感じる人が、たまに、います。
(そのため「表示指定成分」にされていました。)

ですから、
ほとんどの日本の化粧品は、
パラベン濃度を、
0.25%以上にならないように、
工夫されています。

平均では、
パラベンの濃度は、0.1%程度
だそうです。

0.1%って、ものすごい低濃度ですよ!


フェノキシエタノールは、
平均濃度0.3%弱
のようです。
(日本の化粧品)

なんと、パラベンの2倍以上の濃度!!


結局のところは、
防腐剤としては、
パラベンのほうが、
フェノキシエタノールより、
優秀だと感じます。


ちなみに、
より自然派な防腐剤
(ローズマリーエキスなど)で、
防腐効果を得ようとすると、
5%以上の濃度は、
確保しないといけないようです。

自然派防腐剤の濃度は
5%以上ですよ?



パラベンの0.1%や
フェノキシエタノールの0.3%弱より、
はるかに多いです。





しかも、自然派な防腐剤だからって、
安心なわけではないのです。
農薬が含まれていたり、
エキスを抽出するときに、
有機溶剤が使われていたりする場合が
多いのです。



それを考えると、
自然派な防腐剤よりは、
パラベンや、
フェノキシエタノールのほうが、
安全性が高いように思えます。



しかも、

パラベン・
フェノキシエタノールともに、
年々、濃度を低くする工夫が進んでいます。


消費者には、朗報ですね



一般的に、
マイナスイメージの強いパラベンですが、、、

フェノキシエタノールより
安全性が高いようです。


イメージは、

フェノキシエタノールのほうが、
圧倒的に、いいですね。^^


もっとも、

パラベンもフェノキシエタノールも、

安全性が高く、
防腐剤として優秀です。

しかも、年々、
配合濃度は低くなり、
安全性は高まっているようです。


あまり過度に心配する必要は
なさそうです。






≫≫ このブログの 目次(もくじ) を見る

tag : 成分・防腐剤 成分・コスメ パラベン フェノキシエタノール 安全性・危険性

ラウリル硫酸Naとラウレス硫酸Na

ラウリル硫酸Naとラウレス硫酸Na



シャンプーをみるときに、
一番に、チェックするべき成分が、
この二つ。





シャンプーの合成界面活性剤で、


「ラウリル硫酸Na」


「ラウレス硫酸Na」


は、特に刺激と毒性が強いといわれています。


この二つのどちらかが、
成分のトップになっているような
シャンプーは、
避けたほうがいいでしょう。


くらべると、

「ラウリル硫酸Na」のほうが、
ひどいです。

「ラウレス硫酸Na」のほうは、
かなり、マシです。




■ラウリル硫酸Na

硫酸系の界面活性剤でも、
一番、刺激・毒性が強いと
いわれています。


分子量が小さいので、
肌の中で、浸透していきやすいです。

つまり、「経皮毒」に
なる可能性が、十分にあります。

毎日つかうシャンプーですから、
どんどん体内に、
ラウリル硫酸Naが、
蓄積していくことになります。

とにかく、地肌への刺激が強いです。


洗浄力、脱脂力(油分を奪う力)も、
ものすごく強力です。


頭皮・髪の毛の油分を、
ごっそり、奪われてしまいます。

頭皮が乾燥し、
毛穴も痛みます。


このラウリル硫酸Naを
メインの洗浄成分に
使っているシャンプーは、
全力で避けてください。

ラウリル硫酸Naを、
メインの洗浄成分に使っているような
シャンプーは、
ほとんど、見かけなくなりました。

それでも、たまにですが、
このラウリル硫酸Naを
メインに使っているシャンプーが
あります。
(有名ブランドでも、
 使っているシャンプーがあります)

全力で、避けましょう。




■ラウレス硫酸Na


さきほどの「ラウリル硫酸Na」よりは、
かなり、刺激も毒性もマシです。

「ラウリル硫酸Na」の
分子量を大きくしたものが、
「ラウレス硫酸Na」なのです。


分子量が大きくなったので、
肌の中に、浸透しにくくなっています。

「経皮毒」になりにくいのです。

だから、刺激・毒性が、
かなりマシになっているのです。
刺激・毒性は、
それほど気にする必要はないと
思われます。



ただし、
脱脂力(油分を奪う力)は
ものすごく強力です。

ラウレス硫酸Naが、
洗浄成分のメインに使われているような
シャンプーは、
ものすごく
洗浄力が強力ということです。


頭皮・髪の毛の油分を、
ごっそり奪われます。
(それをシリコンや安価な油分で
 ゴマかしています。)

頭皮が乾燥し、毛穴が痛みます。


オイリーな髪質の人ならば、
使ってもいいかもしれません。



パサパサ髪の人は、
絶対に使ってはいけません。


敏感肌の人や
ダメージヘア、ビビリ毛なども、
避けたほうがいいです。


サブ的な洗浄成分として
ラウレス硫酸Naが
シャンプーに混入されている場合は、
洗浄力を補助的にアップさせているということで、
あまり気にしなくていいでしょう。


市販のシャンプーの
8割か9割以上は、
このラウレス硫酸Naが
メインの洗浄成分となっています。

(美容院専用のシャンプーも
 多くが、ラウレス硫酸Na使ってます。)

気をつけてください。



【 関連記事 】
≫ シリコンシャンプーのデメリット&メリット
≫ ダメージヘア対策に シリコン vs ノンシリコン
≫ ノンシリコンのメリット(長所)
≫ ノンシリコンのデメリット(短所・欠点))
≫ ラサーナ シリコン入ってるけど大丈夫?
≫ ラウリル硫酸Naとラウレス硫酸Na
  (シャンプーで一番注意するべき成分)


≫≫ このブログの 目次(もくじ) を見る

tag : ラウリル硫酸・ラウレス硫酸 成分・界面活性剤 成分・ヘアケア 成分・シャンプー 安全性・危険性 ヘアケア 頭皮ケア ダメージヘア対策

シリコン最大のデメリット(害)

シリコン最大のデメリット(害)


シリコンはマイナスイメージが強くて、
いろんなデメリット(害)を散見します。

もっとも、
シリコンのデメリット(害)と
言われているものの
ほとんどが、
まったくのデタラメであると
いえましょう。

根拠のない憶測であったり、
一昔前のシリコンの問題点
(今はほとんど解消されている)を、
あげつらったものであったりするわけです。


いまは、
メーカー側の努力で、
良質のシリコンが、
多くなってきています。

もともと、
シリコンは、まったくといっていいほど、
化学変化をおこさず、
したがって、アレルゲンともなりません。
安全性が極めて高いのです。

そのシリコンが、
さらに進化して、
使い勝手が良くなっていってるのです。




そんなシリコンですが、、、


最大のデメリットが、
あります。



それは、、


髪のダメージを
ある程度、
コマかせてしまうということです。



ものすごく
ひどい成分(硫酸系界面活性剤など)
のシャンプーをつかっていても、

パーマ、カラー、ドライヤーの熱、
その他もろもろのダメージを
くらっていても、、、


シリコンが、
そのダメージを
かなりの部分、
補修したり、カバーしてしまえるのです。



シリコンがなかったら、

髪にひどいダメージを与えていることや、
その原因を、
本人が、すぐ気づけるんです。


でも、シリコンという
すぐれた補修屋さんがいるので、

髪にひどいことをしているのに、
気づけないんです。



あまり、
いい成分を使っていない
シャンプーであったとしても、
髪にかなりのダメージを与えていても、
シリコンでゴマかせるのです。


そして、シャンプーの原価を、
極限まで抑えることができます。



メーカー側が、
シリコンの有効性を、
悪用している
と、いえるかもしれません。




それが、
シリコンの、
最大のデメリットです。




逆にいうと、


それだけ、
シリコンの補修作用や、
カバー作用が素晴らしい!!


ということになります。


効果が
素晴らしいからこそ、
悪用されてしまうことも、
あるわけです。


効果がイマイチならば、
悪用もできませんので・・・。



シリコン自体は、
悪いものではないでしょう。

しかし、
シリコンも、
ある意味、道具なのです。


使う人間によって、
良い道具にもなるし、
悪い道具にもなります。



「髪に優しいシャンプー。
 さらに、シリコンでカバー力をアップ!」

というのが、
シリコンの、理想的な使い方でしょう。



「髪にダメージを与えやすいシャンプー。
 シリコンで、ダメージをゴマかす。」

というのは、
あまり褒められて使い方とは思えません。




メーカーの良心が問われるところですが、
消費者の、見極める目も、
養う必要があります。


自分の髪を大事にするために、
シリコンが良い使われ方をしている
シャンプー・トリートメントを
選んでいきたいものです。^^


【 関連記事 】

≫≫ シリコンシャンプーのデメリット&メリット
≫≫ ダメージヘア対策に シリコン vs ノンシリコン

≫≫ ラサーナ シリコン入ってるけど大丈夫?



≫≫ このブログの 目次(もくじ) を見る

tag : ヘアケア シリコン・ノンシリコン論 シリコン入りシャンプー 安全性・危険性 成分・ヘアケア 成分・シャンプー ダメージヘア対策 コーティング剤

シリコンシャンプーは頭皮の毛穴が詰まるのでは?

シリコンシャンプーは頭皮の毛穴が詰まるのでは?


シャンプーって、
髪の毛もですけど、
地肌も洗いますよね。


トリートメントは、
髪の中間?毛先につけるものなので、
地肌は関係ありません。

ですから、
トリートメントに
シリコンが入っていても、
地肌に問題ありません。
髪の毛をコーティングするだけです。


シャンプーにシリコンが入っていた場合、



「地肌にシリコンが蓄積したり、
 毛穴にシリコンが詰まってしまって、
 毛穴が小さくなり、
 髪の毛が薄くなるのでは…?」


そういった心配・悩みを
散見します。


あまり心配しなくても大丈夫です。


最近のシリコンは、
揮発性のものが増えています。


揮発性のシリコンの場合、
地肌に蓄積したり、
毛穴に詰まることはありません。


揮発性のシリコンでなくても、
シリコンはそんなに蓄積しません。

(石鹸カスなどのほうが、
 よほど、蓄積しやすいです。)



ネット状・メッシュ状に
シリコンはコーティングするので、
毛穴が詰まる可能性も低いです。



それに、
シャンプーに入っているシリコンは、
それほど多くありません。
シャンプー中の
髪の毛の滑りを
良くするために
入っているだけです。

ダメージヘアで、
髪の毛の通りが、悪すぎるような人がいます。
そんな人が、
無理にシャンプーしてたら、
髪が指に絡んで、引っ張られますし、
よけい、キシキシになりますし、
大変です。


それに、
リンスやトリートメントを使わず、
シャンプーだけという人も多いです。


そういう人のために、
シャンプーにも、
シリコンが、少量、入っています。


ですから、心配するほどのことは
ありません。



実際は、
シリコンの害より、

パーマやヘアカラーによるダメージ、
強力な界面活性剤による
皮脂(油分)の落としすぎなどのほうが、
髪の毛・頭皮・毛穴へのダメージが
よほど大きいです。




「ラウリル硫酸Na」
「ラウレス硫酸Na」

を、ベースの界面活性剤(洗浄成分)に
使っているシャンプーのほうが、

頭皮の皮脂を奪いすぎて、

頭皮を乾燥させ、

毛穴を痛ませます。


頭皮・毛穴のことを気にするなら、
ベースの界面活性剤を、
まず、注意したほうがいいです。





話をシリコンに戻します。



もちろん、シリコンの配合量が、
ものすごく多いシャンプーなら
避けたほうが無難ですが、
そんなシャンプーは見たことがありません。

適量のシリコン量なら、
シリコン入りシャンプーでも、
頭皮に特に問題はないようです。




しかし、
地肌・毛穴のことが
やはり気になる人は、
シャンプーはノンシリコンでいいでしょう。

リンス・トリートメントは、
シリコン入りのものを、
髪の毛の中間?毛先に使うといいと思います。

これなら、地肌には、
シリコンが着きません。




ただ、
シリコンよりも、
経皮毒になりやすく
(分子量が小さく、肌に浸透してしまう)、
頭皮の油分を落としすぎる
「ラウリル硫酸Na」などのほうに、
注意したほうが、
建設的だとは思います。






シリコンによって、
毛穴が詰まったり、
シリコンが地肌に蓄積するという可能性は、
少ないです。

しかし、やはりシャンプーの目的は、
「髪の毛・頭皮の汚れ・油分を適度に落とすこと」
です。



「ノンシリコンシャンプーで、
 適度に汚れを落とす。

 そして、
 リンス・トリートメントで、
 栄養補給&シリコンコーティング。」

つまり、


シャンプーは、ノンシリコン。
リンス・トリートメントは、シリコン入り。

これが、ベストだとは、思っています。




しかし、
たとえベストでなくても、
シャンプーがシリコン入りだったとしても、
それほど心配は要らないし、
ダメージヘアの人なら、
シリコン入りシャンプーのほうがベストということも
十分ありえるのです。





シャンプーは、ノンシリコンがベター。

シャンプーは、
良質のシリコンなら、少量入っててもOK。
多めに入ってるのは、良くない。


トリートメントは、
シリコンがわりと多めに入っててもOK。



シリコン入りシャンプーが向いてる人

・ダメージヘアなのに、
 リンスやトリートメントをしない人
・髪の毛が、特にキシキシの人。
・とにかく、髪の毛の指どおりが悪い人。




ノンシリコンシャンプーが向いている人

・リンスやトリートメントをする人
・髪の毛が健康。
・髪の毛の指通りが良い。






【 関連記事 】

≫≫ シリコンシャンプーのデメリット&メリット

≫≫ ダメージヘア対策に シリコン vs ノンシリコン


≫≫ このブログの 目次(もくじ) を見る

tag : ヘアケア シリコン・ノンシリコン論 シリコン入りシャンプー 安全性・危険性 成分・ヘアケア 成分・シャンプー ダメージヘア対策 コーティング剤

リンスとトリートメントの違い

リンスとトリートメントの違い


「リンス」と「トリートメント」は、
どちらも、
髪の毛の状態を
改善・補修してくれるものです。


シャンプーは、
頭皮と髪の毛の汚れを落とすものです。


それに対して、
リンスと、トリートメントは、
どちらも、
髪の毛を守り、
ツヤを与え、健やかに保つのものです。

髪の毛の状態を改善・補修してくれる
ものなのですね。


リンスとトリートメントの違いは、
リンスが、髪の表面だけ作用するのに対して、
トリートメントは、
髪の毛の表面だけでなく、
内部まで浸透して、
髪の毛に栄養を与えてくれます。



リンス

(髪の外側にだけ作用)

・髪の表面をカバーし、整える。
・髪を油分やシリコンなどでコーティング。
・手触りを良くする。
・くし・ブラシなどの通りを良くする。
・髪のきしみなど、防ぐ。
・摩擦・静電気によるダメージを防ぐ。
・髪の内部のたんぱく質(アミノ酸)・水分が
 流れ出るのを防ぐ。

・健やかな髪の人は、リンスで十分。


トリートメント

(髪の外側と内側に作用)
・リンスの効果に加え、髪の内部にも、作用。
・髪の内部に浸透し、
 たんぱく質・油分・その他トリートメント成分である
 栄養を与える。
・髪を内面から、強化。

・ダメージヘアの人向け。


リンスとトリートメントの違い、
わかっていただけたでしょうか。


では、コンディショナーは、
どのようなものなのでしょう?

コンディショナーは、
その名の通り、
髪の毛のコンディションを整えるものです。
リンスに、
ちょっとトリートメント効果を加えたものです。



リンスは、
髪の毛の表面にだけ作用するので、
ある程度、髪の毛になじませたら
すぐに、洗い流してもらって、かまいません。


トリートメントは、
髪の毛の内部にまで浸透していく必要があるので、
ちょっと時間がかかります。

髪の毛になじませてから、
5分以上(できれば20分くらい)、
つけおきします。

そして、栄養が十分に髪の毛の内部に浸透してから、
よく、洗い流してください。



リンスと、トリートメントは、
両方を使う必要はありません。


健康な髪の人は、リンスだけで十分です。


ダメージヘアの人は、
トリートメントを使いましょう。

トリートメントを使う場合は、
リンス効果も含んでいるので、
リンスを使う必要はありません。

トリートメントだけでOKです。^^


最近は、
「洗い流さないトリートメント」
(アウトバストリートメント)
なんていう、

洗い流さなくてもいいトリートメントも
出てきて、
楽チンですね

髪の毛の内部に、
トリートメントの栄養が
十分に染み込むまで待たなくてもいいですから、
気楽です。



【 関連記事 】

≫≫ リンス、トリートメントは、よく洗い流しましょう




≫≫ このブログの 目次(もくじ) を見る

tag : ヘアケア リンス・トリートメントの使い方

リンス、トリートメントは、よく洗い流しましょう

リンス、トリートメントは、よく洗い流しましょう

シャンプーは、
よく洗い流すことが、前提です。
そのような基準でつくられています。

シャンプーの界面活性剤は、
たいてい、陰イオン界面活性剤
(アニオン界面活性剤)です。

悪名高い「ラウレル硫酸Na」も、
評価もお値段も高い
「ココイルグルタミン酸Na」も、
「石鹸」も、
陰イオン界面活性剤
(アニオン界面活性剤)
です。


陰イオン界面活性剤は、
イオン分離して、
肌に刺激がありますので、
いくら、いい成分であっても、
洗い流さずに、
ずっと髪につけたままでいたら、
良くないですよ。




石鹸は、
安全性が高いといわれていますし、
いい成分だと思いますが、
ずっと肌につけたままだと、
危ないですよね。


それと同じで、
仮に、いくら、いい成分であっても、
シャンプーは、洗い流さないと危険です。


洗い流す前提で、
つくられているのですから。




ここで、本題。



リンスやトリートメントも、
良く洗い流しましょう。




「いい成分が、たくさん入ってるから、
 あんまり洗い流さないほうが、
 髪の毛が、
 つるつるサラサラになるんじゃないかしら」


と、思ってしまって、
リンスやトリートメントを、
あまり洗い流さない人がいます。


かくいう私も、
むかし、そういうことを、やってました(笑)。


でも、
リンスやトリートメントは、
シャンプーより、
刺激のある場合も、
少なくないのです。


ですから、何時間もの長時間、
つけていては、危ないのです。


そんなわけで、



リンスやトリートメントは、

必ず、よーーく、
洗い流してくださいね。


パサパサ髪などのダメージヘアは、
水分や保水成分を、
よく髪に吸収させたほうがいいので、

トリートメントをつけたままの状態で、
5分以上(できれば20分ほど)
そのままにしておくのが、
望ましいです。

でも、髪に付け置きした後は、
かならず、よく、
洗い流してください。


リンスは、
付け置きする意味がないので、
すぐに、洗い流してください。



「洗い流さないトリートメント」
(アウトバストリートメント)
が、最近、よく使われています。

「洗い流さないトリートメント」
は、
ちゃんと、
洗い流さなくていいように、
つくられています。



「洗い流さないトリートメント」
(アウトバストリートメント)
のほうが、気楽ですし、
いいかもしれません。



洗い流すトリートメントも
洗い流さないトリートメントも、
髪の毛に、
ツヤ・こし・潤いを与えます。

毛髪の水分・油分を、
補い保ちます。

トリートメントを、
ずっと、髪の毛につけてたほうが、
なんとなく、
効きそうな気がするんですよね(笑)。

その心理は、すごくよくわかるのです。



そのせいか、

洗い流さない…

というか、

洗い流さなくていいトリートメントが、

いいように思えてしまいます。


ともかく、
普通のリンス・トリートメントは、
必ず、
よく洗い流してください。



【 関連記事 】
≫≫ リンスとトリートメントの違い



≫≫ このブログの 目次(もくじ) を見る

tag : リンス・トリートメントの使い方 ヘアケア すすぎ

洗い流さない化粧品にこそ、注意!

洗い流さない化粧品にこそ、注意!

化粧品には、3種類あります。



【A】すぐに洗い流す化粧品

(クレンジングフォーム、
 シャンプー、トリートメント、など)


【B】洗い流さない化粧品、塗り切り化粧品

(化粧水、ファンデーション、
 洗い流さないトリートメント、など)


【C】体内に入る可能性のある化粧品

 (口紅)


安全性に、注意が必要な順
【C】>【B】>【A】



当然、

【C】体内に入る可能性のある化粧品

が、一番、
成分の危険度・毒性・安全性に、
注意するべきでしょう。


【B】洗い流さない化粧品、塗り切り化粧品

も、
肌に付着している時間が長時間なので、
成分に注意が必要です。


それらに比べると、


【A】すぐに洗い流す化粧品

は、
少々は、安全性がゆるくても、
大丈夫だと思います。




たとえば、、、

シャンプーには、
タール色素などが、
少々はいっていても、
ある程度は大丈夫でしょう。
すぐに、洗い流すのですから。

しかし、
洗い流さないトリートメント
(アウトバストリートメント)
に、タール色素が入っているのは、
避けたほうがいいですね。


口紅は、
一番、注意が必要な化粧品です。
長時間、粘膜に付着することになってますし、
半分以上は、体内に入ってしまうわけですから。



「今日は、オシャレに力をいれたい!!」

という、勝負デーなどは、
たまに、のことですから、
タール色素がある程度はいった口紅でも
いいかもしれません。

しかし、普段、毎日塗る口紅は、
やはり、安全性の高い口紅がいいでしょう。


長時間、
肌につけている化粧品(コスメ)に、
より重点的に、
安全性をチェックしたほうが、
いいですね。


成分の安全性を
気にしすぎるのも、
かえって良くないので、
メリハリつけて、
気をつけましょう

っていうくらいが、
いいような気がします。^^




【 参考記事 】
≫≫ 添加成分の「気にしすぎ」、かえって良くない?






≫≫ このブログの 目次(もくじ) を見る

tag : ヘアケア コスメ成分の安全性・危険性の考え方 コスメ

ピックアップ
記事リスト
2010年10月の記事
→次
もくじ・サイトマップ
目次 (TopPage)  全記事一覧
カテゴリ
PDタグリスト
 
CssTagCloud

ヘアケア  ダメージヘア対策  コーティング剤  レビュー  洗い流さないトリートメント  シャンプー  安全性・危険性  成分・ヘアケア  ノンシリコンシャンプー  コスメ  シリコン・ノンシリコン論  成分・シャンプー  トリートメントレビュー  シャンプーレビュー  目次  アミノ酸系シャンプー  コスメ成分の安全性・危険性の考え方  パサパサ髪対策  口コミ  クリーム  ラサーナ  スキンケア  シリコン入りシャンプー  カタツムリコスメ  成分・コスメ  シャンプーの使い方  ハホニコ十六油  ファッション  リンス・トリートメントの使い方  香りのいいシャンプー  オレフィンスルホン酸Na  トリートメント  石ケン系シャンプー  椿油  ラウリル硫酸・ラウレス硫酸  頭皮ケア  ヘアケアトライアル  おすすめシャンプー一覧  コスメレビュー  ノンシリコントリートメント  実体験レビュー  成分・界面活性剤  成分・防腐剤  無添加トリートメント  無添加シャンプー  ベタイン系シャンプー  ミルボン  アロマのやさしさ  パラベン  ケラスターゼ  すすぎ  レインウェア  ヘアケア最強バイブル  お得セット  レインブーツ  硫酸系シャンプー  プロのノウハウ  ヘアケア本  価格比較  コスメトライアル  耳より情報  ストレートジェル  コーセー  SALASA  男性用  ヘアケアランキング  レヴール  凜恋  大きいサイズ  タール色素  シャネル  ジュレーム  ブーツ  大島椿  トリートメント比較  黒ばら本舗純椿油  三原椿油  せっけん  ナチュールアロマシャンプー  ダフナ  入学式スーツ  ディーセスエストクアルSO  ディーセスエストクアルSL  シリコン入りトリートメント  目次トップ  エリシーナ・プラス  コスメランキング  ムートンブーツ  フェノキシエタノール  

月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム
ご連絡は、こちらからお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

参加ブログランキング一覧
i2i
資産運用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。