スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


≫≫ このブログの 目次(もくじ) を見る

洗い流さない化粧品にこそ、注意!

洗い流さない化粧品にこそ、注意!

化粧品には、3種類あります。



【A】すぐに洗い流す化粧品

(クレンジングフォーム、
 シャンプー、トリートメント、など)


【B】洗い流さない化粧品、塗り切り化粧品

(化粧水、ファンデーション、
 洗い流さないトリートメント、など)


【C】体内に入る可能性のある化粧品

 (口紅)


安全性に、注意が必要な順
【C】>【B】>【A】



当然、

【C】体内に入る可能性のある化粧品

が、一番、
成分の危険度・毒性・安全性に、
注意するべきでしょう。


【B】洗い流さない化粧品、塗り切り化粧品

も、
肌に付着している時間が長時間なので、
成分に注意が必要です。


それらに比べると、


【A】すぐに洗い流す化粧品

は、
少々は、安全性がゆるくても、
大丈夫だと思います。




たとえば、、、

シャンプーには、
タール色素などが、
少々はいっていても、
ある程度は大丈夫でしょう。
すぐに、洗い流すのですから。

しかし、
洗い流さないトリートメント
(アウトバストリートメント)
に、タール色素が入っているのは、
避けたほうがいいですね。


口紅は、
一番、注意が必要な化粧品です。
長時間、粘膜に付着することになってますし、
半分以上は、体内に入ってしまうわけですから。



「今日は、オシャレに力をいれたい!!」

という、勝負デーなどは、
たまに、のことですから、
タール色素がある程度はいった口紅でも
いいかもしれません。

しかし、普段、毎日塗る口紅は、
やはり、安全性の高い口紅がいいでしょう。


長時間、
肌につけている化粧品(コスメ)に、
より重点的に、
安全性をチェックしたほうが、
いいですね。


成分の安全性を
気にしすぎるのも、
かえって良くないので、
メリハリつけて、
気をつけましょう

っていうくらいが、
いいような気がします。^^




【 参考記事 】
≫≫ 添加成分の「気にしすぎ」、かえって良くない?






≫≫ このブログの 目次(もくじ) を見る

tag : ヘアケア コスメ成分の安全性・危険性の考え方 コスメ

化粧品の害の種類は、この3つ!

化粧品の害の種類は、この3つ!


化粧品の害は、主に、3種類あります。


【1】 肌荒れ・肌トラブル (数日)

【2】 シミ・シワの原因 (数年)

【3】 発がん性・環境ホルモン作用
  (数年?数十年)




【1】の、肌荒れ・肌トラブルは、
数日でわかるから、まだ、いいんです。

【2】【3】は、
数年経たないと、出てこないですし、
たいていの場合、
原因を特定できません。

数年の間には、化粧品だけでも、
いろんなものを使うでしょうし、
「この化粧品が原因!」
と、ハッキリわかることは難しいです。

じっさい使っていても、
なかなか、わからないものなのですから、
やはり成分表示などを、
しっかりチェックしていくことが
大事だと思います。♪



≫≫ このブログの 目次(もくじ) を見る

テーマ : コスメ・スキンケア
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : コスメ コスメ成分の安全性・危険性の考え方

防腐剤を考える

防腐剤を考える

防腐剤は、コスメに必要なのでしょうか?

防腐剤を使わなければ、
たいていの化粧品は、
冷蔵庫で保管して、
一ヶ月以内で腐ってしまうようです。

じっさい、
手作りコスメは、
一ヶ月以内に
使い切らなくてはいけないものばかりです。

それでは、
お店に置いている間に、
ほとんどが酸化or腐ってしまいます。


そういう意味では、
メーカーがつくるコスメは、
防腐剤は必須といってもいいでしょう。


ファンケルがやっているように、
短期間に使い切りやすいように、
小さな小瓶に密閉といった方法をとっている
メーカーも一部あります。


また、
ローズマリーのエキスや、
ワサビの成分というような
食べても大丈夫なものを活かして、
防腐剤の代わりにしているメーカーもあります。
(ローズマリーエキスなどの
 天然成分も、有機溶剤を用いて、
 抽出していることも多く、
 完全に安心できるわけではありません。)

そのような一部のメーカーを除いて、
何らかの形で、
防腐剤を使っています。


防腐剤は、
入って無いにこしたことはないものの、
少量は仕方がない気がしています。
「必要悪」といってもいいかもしれません。


酸化したり、腐ったりしたものを
肌に塗ったり、
成分表示をゴマかされるほうが、
問題は大きいのではないでしょうか。



≫≫ このブログの 目次(もくじ) を見る

tag : コスメ成分の安全性・危険性の考え方 成分・防腐剤 成分・コスメ

添加成分の「気にしすぎ」、かえって良くない?

「気にしすぎ」、かえって良くない?

なんでも、あまり「気にしすぎ」は、
いい結果を生まないようです。

かといって、
「気にしなさすぎ」も問題あるとは思います。
バランスは大事ですね。


たとえば、
「食べ物」の添加物を、
とても気にする人は、案外、多いです。

「完全無農薬」に、こだわったり。
まったく外食しなかったり。

そのような人よりも、

「あまり気にせず、
 なんでも感謝して食べる人の方が、
 かえって健康なことが多い。」

という話は、よく聞きます。
そのような研究結果が、
ニュースで流れたこともあったと聞きます。



健康志向も、楽しんでやってるのなら、いいと思うんです。

しかし、不安や焦りから、
健康志向に走っていると、
かえってストレスをためてしまって、
健康から遠ざかってしまうのではないでしょうか。


「ストレス」は、万病の元だそうです。

ストレスは、
体内に、有害な物質を生成します。



「病気の原因のほとんどはストレス」
という認識のお医者さんは、多いようです。

中には、
「病気の原因の90%はストレス」
というお医者さんも、いらっしゃるようです。



肌の調子も、
ストレスに、かなり左右されますよね。

不安や焦りから、
添加成分などを気にしすぎると、
かえって、肌トラブルになりそうです。


あと、寝不足が特に肌に影響が強いようですね。

せっかく、キレイになるために、
お化粧しているのですから、
気にしすぎることなく、
楽しんで、
コスメライフをおくるのが、
いいのではないでしょうか。

とはいえ、
まったく気をつけないというのも、
問題ありますよね。

注意レベルが非常に高い成分
(たとえばタール色素)まで、
まったく気にしないというのは、
あまりにも無防備です。



家の鍵もかけずに、外出するようなものです。

家の鍵をかけてから外出するくらいは
したほうがいいですね。(汗)

脅迫観念にかられて、
何度も何度も鍵を確認する必要はありませんが、、。
それと同じようなもので、、

要は、バランスです。


バランスよく、
楽しく、添加成分やコスメと
つきあっていけたら、いいですね。♪



≫≫ このブログの 目次(もくじ) を見る

tag : コスメ成分の安全性・危険性の考え方 コスメ 成分・コスメ

添加物についての考え方

添加物についての考え方

化粧品の成分で、
注意レベルが低いものは、
それほど気にする必要性はないと思っています。


「危険性が低い添加成分は、
 あまり気にしない。」


ことが、肝心ではないでしょうか。


たとえば、タール色素はたいてい
注意レベルが3(高い)です。



エタノールは注意レベルが1(低い)です。



タール色素は気にする必要性がありますが、
エタノールまで気にしていては、
市販のコスメは、ほぼ全滅してしまいます。



完全に無添加のコスメも、
あるにはあるようですが、
高価なことが多いのです。

手作りコスメは安全で安価ですが、
管理が大変ですね。


ですから、
注意レベルが低いものは、
あまり気にしないほうが、いいように感じます。




「入ってないに
  越したことはない」


くらいの感覚でいいでしょう。



あまり、気にしすぎていると、
「成分表示を、
 法律の抜け道をつかって、
 ゴマかしている」

ような商品に、
かえって、あたってしまうかもしれません。


化粧品が「全成分表示」になったといっても、
安心なわけではなく、
じっさい、抜け道はあるわけです。

うまくやれば、表示したくない成分を
表示しない方法はあるのです。

それよりかは、
正直に、成分表示してくれているもののほうが、
安心ではないでしょうか。



≫≫ このブログの 目次(もくじ) を見る

tag : コスメ成分の安全性・危険性の考え方

化粧品の成分の注意レベルは色々

添加物の注意レベルは色々

コスメ・化粧品に使われている
添加物の注意レベルは、
じつに様々です。


「これは、要注意! かなり危なそう!」

というレベル。
(注意レベル3くらい。)

「これは、そんなに毒性が高くない。」

というレベルまで。
(注意レベル0?1くらい。)

コスメの添加物の種類は、とくかく多い!

多すぎて、覚えきれるものではありません。


そんなわけで、
「これだけは、なんとしても、避けたい!!」


という添加物だけでも、
覚えておきたいものです。

「かなり危険度が高そう・・・注意が必要」
とされている添加物です。




じつは、

「化粧品の成分表など、まったく見ない」


という人が、ほとんどです。

「いっぱいすぎて、難しい単語多すぎて、見ても、わからない」

「有名メーカーだし、みんな使ってるし、大丈夫でしょう」

という人が多いからです。


ですから、
特に要注意な成分に気をつけるだけでも、
あなたのコスメライフの安全性は、
グッと上がるのではないでしょうか。







≫≫ このブログの 目次(もくじ) を見る

テーマ : コスメ・スキンケア
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : コスメ成分の安全性・危険性の考え方

ピックアップ
記事リスト
コスメ成分の考え方の記事
もくじ・サイトマップ
目次 (TopPage)  全記事一覧
カテゴリ
PDタグリスト
 
CssTagCloud

ヘアケア  ダメージヘア対策  コーティング剤  レビュー  洗い流さないトリートメント  シャンプー  安全性・危険性  成分・ヘアケア  ノンシリコンシャンプー  コスメ  シリコン・ノンシリコン論  成分・シャンプー  トリートメントレビュー  シャンプーレビュー  目次  アミノ酸系シャンプー  コスメ成分の安全性・危険性の考え方  パサパサ髪対策  口コミ  クリーム  ラサーナ  スキンケア  シリコン入りシャンプー  カタツムリコスメ  成分・コスメ  シャンプーの使い方  ハホニコ十六油  ファッション  リンス・トリートメントの使い方  香りのいいシャンプー  オレフィンスルホン酸Na  トリートメント  石ケン系シャンプー  椿油  ラウリル硫酸・ラウレス硫酸  頭皮ケア  ヘアケアトライアル  おすすめシャンプー一覧  コスメレビュー  ノンシリコントリートメント  実体験レビュー  成分・界面活性剤  成分・防腐剤  無添加トリートメント  無添加シャンプー  ベタイン系シャンプー  ミルボン  アロマのやさしさ  パラベン  ケラスターゼ  すすぎ  レインウェア  ヘアケア最強バイブル  お得セット  レインブーツ  硫酸系シャンプー  プロのノウハウ  ヘアケア本  価格比較  コスメトライアル  耳より情報  ストレートジェル  コーセー  SALASA  男性用  ヘアケアランキング  レヴール  凜恋  大きいサイズ  タール色素  シャネル  ジュレーム  ブーツ  大島椿  トリートメント比較  黒ばら本舗純椿油  三原椿油  せっけん  ナチュールアロマシャンプー  ダフナ  入学式スーツ  ディーセスエストクアルSO  ディーセスエストクアルSL  シリコン入りトリートメント  目次トップ  エリシーナ・プラス  コスメランキング  ムートンブーツ  フェノキシエタノール  

月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム
ご連絡は、こちらからお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

参加ブログランキング一覧
i2i
資産運用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。