スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


≫≫ このブログの 目次(もくじ) を見る

ラウレス硫酸アンモニウムとは? 安全性や特徴

ラウレス硫酸アンモニウムは、
シャンプーに最近よくつかわれている
成分ですね。

⇒  ラウレス硫酸アンモニウム を含むシャンプー一覧
けっこう、たくさんありますね。
ここまで多いとは思っていませんでした。



石油系・高級アルコール系の
界面活性剤(洗浄成分)です。


より知名度のある有名な成分、
「ラウレス硫酸Na」と、
「ラウレス硫酸アンモニウム」は、
基本的に同じようなものです。

ただ、
ラウレス硫酸Naよりかは、
ラウレス硫酸アンモニウムのほうが
コンディショニング効果があるよう
なので、重宝されるのでしょうね。
刺激も、
ラウレス硫酸アンモニウムのほうが、
穏やかです。

【特徴】
・洗浄力、脱脂力がとても強い
・泡立ちがいい。
・スッキリさっぱり。使用感がいい
・原価が安い

洗浄力が非常に強力なので、
気をつけないと、
必要な油分までも奪い去ってしまう
ようです。

頭皮が弱い方やアレルギー体質の方、
乾燥(ドライ)気味の肌質の方、
髪がパサパサの方などには、
おススメできません。

髪・頭皮がとても油分が多い方なら、
使っても、それほど問題はないでしょう。


「ラウリル硫酸」と名のつく成分は
脱脂力が強力な上、
皮膚への浸透力も強く、
ぜひとも避けたい成分ですね。

しかし、
「ラウレス硫酸」が名のつくものは、
脱脂力が非常に強力なこと以外は
そこまで危ない成分ではありません。

「ラウリル」と「ラウレス」は
はっきり区別したほうがいいです。

⇒  ラウレス硫酸アンモニウム を含むシャンプー一覧

有名なメーカーやシャンプーが
たくさんありますね。




≫≫ このブログの 目次(もくじ) を見る

tag : ラウリル硫酸・ラウレス硫酸 成分・界面活性剤 成分・ヘアケア 成分・シャンプー 安全性・危険性 ヘアケア 頭皮ケア ダメージヘア対策

シャンプーは大きく分けてこの4種類。 大事なポイントはここ!

シャンプーは、何で出来ているか、ご存知ですか?

シャンプーの50~60%は、水。
30~40%は、界面活性剤(洗浄成分)。



シャンプーのほとんどは、

「水」と、「界面活性剤」なのです。!



つまり、、、


シャンプーの質は、

「界面活性剤」が何なのかによって、

ほとんど全て決められてしまう。


ということです。

もちろん、
いい水を使っていることや、
コーティング剤が何であるかも、大事ではあります。


しかし、水以外のシャンプーの成分のほとんどを占める

「界面活性剤」がどんなものであるか???

これが、シャンプー選びで
ものすごく重要なことなので、
ぜひ、覚えておいてください。

シャンプーには、主成分(界面活性剤)によって、
大きく4種類に分けられます。

☆高級アルコール系シャンプー
☆せっけん系シャンプー
☆アミノ酸系シャンプー
☆ベタイン系シャンプー

(本当は、もっといっぱいありますが、
 キリがないので、しぼって4種類だけ紹介してます。)

ご自分の髪質や頭皮の肌質によって、
どの種類のシャンプーと相性がいいか知っておくことは、
非常に大事なことです!

■ 高級アルコール系シャンプー

一般に出回っているシャンプーは、
ほとんどがこの高級アルコール系シャンプーです。
泡立ちがよく、洗浄力が強いため、
使ったあとのスッキリ感は格別。
しかし、肌への刺激が強く、洗浄力が強力すぎて
頭皮や髪の必要な脂分まで奪ってしまうことがあります。
敏感肌・乾燥肌の人、ダメージヘアの人には、
おススメできません。



■ 石けん系シャンプー

石鹸が主成分です。
洗浄力がとても強いです。
肌への刺激は低いといわれていますが、
実際にはアルカリ性なので、肌へのダメージはかなりあるでしょう。
生分解性にすぐれ、環境にやさしいです。
アルカリ性なので、キューティクルが開きやすくなったり、
せっけんカスが発生して頭皮につまりやすくなったりします。、
髪がゴワゴワしたりキシキシしやすいのです。
そこで、しっかり洗い流すことと、
クエン酸配合リンスやお酢リンスなどで
髪を弱酸性に戻すことが大切です。



■ アミノ酸系シャンプー

体と同じアミノ酸が主成分なので安全性が高いのが特徴。
生分解性が高く、環境にもやさしいです。
肌への刺激も非常に低いので、敏感肌の人にいいでしょう。
洗浄力はほどほどで、適度に頭皮と髪に油分が残るのが
頭皮と毛髪をすこやかに保つのにとてもいいです。
ですが、泡立ちや洗浄力がほどほどなので、
物足りなさを感じることがあるかもしれません。
ドライな頭皮の人、肌が弱い人、ダメージヘアの人におススメです。
原価が高くなってしまうのがデメリット。



■ ベタイン系シャンプー

全体的にアミノ酸系シャンプーに近い特徴をもっている
ベタインシャンプー。
アミノ酸系シャンプーよりも、安全性が高く、
それでいて、泡立ちもいいし、カラーやパーマの持ちもいいという
超優れもの。
お値段がアミノ酸系シャンプーを同じくらい高くなるのがデメリット。



ドライな頭皮の人、ダメージヘア、肌が弱い人には
「アミノ酸系シャンプー」「ベタイン系シャンプー」が
おススメです。


オイリーな頭皮の人にも、
「アミノ酸系シャンプー」「ベタイン系シャンプー」がおススメ。

よほどオイリーなら、
「高級アルコール系シャンプー」でもいいかもしれません。
おススメというわけではありません。
(ただし、ラウリル硫酸NaのものはNGです!
 ラウレス硫酸NaのものならOKです。)



アミノ酸系シャンプーは洗浄力がほどほどなので、
オイリーなひとには物足りないかも・・・。
シャンプー前後のすすぎを徹底してください。
泡立ちと洗浄力が良くなります。



≫≫ このブログの 目次(もくじ) を見る

tag : ヘアケア シャンプー アミノ酸系シャンプー ベタイン系シャンプー 石ケン系シャンプー 硫酸系シャンプー 成分・シャンプー 成分・ヘアケア 頭皮ケア

ラウリル硫酸Naとラウレス硫酸Na

ラウリル硫酸Naとラウレス硫酸Na



シャンプーをみるときに、
一番に、チェックするべき成分が、
この二つ。





シャンプーの合成界面活性剤で、


「ラウリル硫酸Na」


「ラウレス硫酸Na」


は、特に刺激と毒性が強いといわれています。


この二つのどちらかが、
成分のトップになっているような
シャンプーは、
避けたほうがいいでしょう。


くらべると、

「ラウリル硫酸Na」のほうが、
ひどいです。

「ラウレス硫酸Na」のほうは、
かなり、マシです。




■ラウリル硫酸Na

硫酸系の界面活性剤でも、
一番、刺激・毒性が強いと
いわれています。


分子量が小さいので、
肌の中で、浸透していきやすいです。

つまり、「経皮毒」に
なる可能性が、十分にあります。

毎日つかうシャンプーですから、
どんどん体内に、
ラウリル硫酸Naが、
蓄積していくことになります。

とにかく、地肌への刺激が強いです。


洗浄力、脱脂力(油分を奪う力)も、
ものすごく強力です。


頭皮・髪の毛の油分を、
ごっそり、奪われてしまいます。

頭皮が乾燥し、
毛穴も痛みます。


このラウリル硫酸Naを
メインの洗浄成分に
使っているシャンプーは、
全力で避けてください。

ラウリル硫酸Naを、
メインの洗浄成分に使っているような
シャンプーは、
ほとんど、見かけなくなりました。

それでも、たまにですが、
このラウリル硫酸Naを
メインに使っているシャンプーが
あります。
(有名ブランドでも、
 使っているシャンプーがあります)

全力で、避けましょう。




■ラウレス硫酸Na


さきほどの「ラウリル硫酸Na」よりは、
かなり、刺激も毒性もマシです。

「ラウリル硫酸Na」の
分子量を大きくしたものが、
「ラウレス硫酸Na」なのです。


分子量が大きくなったので、
肌の中に、浸透しにくくなっています。

「経皮毒」になりにくいのです。

だから、刺激・毒性が、
かなりマシになっているのです。
刺激・毒性は、
それほど気にする必要はないと
思われます。



ただし、
脱脂力(油分を奪う力)は
ものすごく強力です。

ラウレス硫酸Naが、
洗浄成分のメインに使われているような
シャンプーは、
ものすごく
洗浄力が強力ということです。


頭皮・髪の毛の油分を、
ごっそり奪われます。
(それをシリコンや安価な油分で
 ゴマかしています。)

頭皮が乾燥し、毛穴が痛みます。


オイリーな髪質の人ならば、
使ってもいいかもしれません。



パサパサ髪の人は、
絶対に使ってはいけません。


敏感肌の人や
ダメージヘア、ビビリ毛なども、
避けたほうがいいです。


サブ的な洗浄成分として
ラウレス硫酸Naが
シャンプーに混入されている場合は、
洗浄力を補助的にアップさせているということで、
あまり気にしなくていいでしょう。


市販のシャンプーの
8割か9割以上は、
このラウレス硫酸Naが
メインの洗浄成分となっています。

(美容院専用のシャンプーも
 多くが、ラウレス硫酸Na使ってます。)

気をつけてください。



【 関連記事 】
≫ シリコンシャンプーのデメリット&メリット
≫ ダメージヘア対策に シリコン vs ノンシリコン
≫ ノンシリコンのメリット(長所)
≫ ノンシリコンのデメリット(短所・欠点))
≫ ラサーナ シリコン入ってるけど大丈夫?
≫ ラウリル硫酸Naとラウレス硫酸Na
  (シャンプーで一番注意するべき成分)


≫≫ このブログの 目次(もくじ) を見る

tag : ラウリル硫酸・ラウレス硫酸 成分・界面活性剤 成分・ヘアケア 成分・シャンプー 安全性・危険性 ヘアケア 頭皮ケア ダメージヘア対策

ラサーナ薬用地肌エッセンス お試しボトル

ラサーナ薬用地肌エッセンス お試しボトル

ラサーナ新製品、
「ラサーナ薬用地肌エッセンス」

お試しボトル、あります。



いくら評判・口コミ・レビューが良くても、
結局は、自分で使って、
実感しないと、
なかなか、わからないものです。

じっさいに、薄毛の方が、
効果が出てくるまでには、
6ヶ月以上はかかるようです。

サンプルは8日分なので、
まったく足りませんが、
使い心地を実感できるかどうかは、
大きいです。


薄毛ではなくても、
パーマ、ヘアカラーなど、
髪の毛と頭皮に負担をかける髪型が
流行っているのは事実です。

予防の意味でも、
頭皮ケアには、
関心をもっていたほうが
いいでしょう。

いま、
薄毛で悩んでいる女性は、

600万人!

といわれています。


これも、ストレスや、
パーマ、ヘアカラーなどの弊害なのかもしれません。

誰が、いつ、薄毛になっても、
おかしくないような状況ではあります。


海藻は、古来より「髪によい」と言われてきていますね。


ラサーナは、25,000種以上ある海藻の中から、
育毛効果の期待される11種を厳選。
さらに、
それらのエキスを独自にブレンドすることで、
相乗効果を高めました。



ラサーナ薬用地肌エッセンス
【こんな人にオススメ】
・女性特有の薄毛・抜け毛の薄毛の悩みがある人。
・地肌の悩みをかかえている人。
・髪のボリュームが無い人。
・髪が細くなった人。

【特に、使わなくてもいい人】
・いま、特に薄毛や頭皮について悩んでいない人。
・ストレスなどをかかえていない人。
・パーマやヘアカラーなど、
 頭皮に負担がかかるようなことをしていない人。


ラサーナ薬用地肌エッセンス お試しボトル
⇒ ラサーナ



こういうトライアルセットはありがたいですね。^^




≫≫ このブログの 目次(もくじ) を見る

tag : ヘアケア ヘアケアトライアル レビュー ラサーナ 頭皮ケア

ピックアップ
記事リスト
表示中の記事
もくじ・サイトマップ
目次 (TopPage)  全記事一覧
カテゴリ
PDタグリスト
 
CssTagCloud

ヘアケア  ダメージヘア対策  コーティング剤  レビュー  洗い流さないトリートメント  シャンプー  安全性・危険性  成分・ヘアケア  ノンシリコンシャンプー  コスメ  シリコン・ノンシリコン論  成分・シャンプー  トリートメントレビュー  シャンプーレビュー  目次  アミノ酸系シャンプー  コスメ成分の安全性・危険性の考え方  パサパサ髪対策  口コミ  クリーム  ラサーナ  スキンケア  シリコン入りシャンプー  カタツムリコスメ  成分・コスメ  シャンプーの使い方  ハホニコ十六油  ファッション  リンス・トリートメントの使い方  香りのいいシャンプー  オレフィンスルホン酸Na  トリートメント  石ケン系シャンプー  椿油  ラウリル硫酸・ラウレス硫酸  頭皮ケア  ヘアケアトライアル  おすすめシャンプー一覧  コスメレビュー  ノンシリコントリートメント  実体験レビュー  成分・界面活性剤  成分・防腐剤  無添加トリートメント  無添加シャンプー  ベタイン系シャンプー  ミルボン  アロマのやさしさ  パラベン  ケラスターゼ  すすぎ  レインウェア  ヘアケア最強バイブル  お得セット  レインブーツ  硫酸系シャンプー  プロのノウハウ  ヘアケア本  価格比較  コスメトライアル  耳より情報  ストレートジェル  コーセー  SALASA  男性用  ヘアケアランキング  レヴール  凜恋  大きいサイズ  タール色素  シャネル  ジュレーム  ブーツ  大島椿  トリートメント比較  黒ばら本舗純椿油  三原椿油  せっけん  ナチュールアロマシャンプー  ダフナ  入学式スーツ  ディーセスエストクアルSO  ディーセスエストクアルSL  シリコン入りトリートメント  目次トップ  エリシーナ・プラス  コスメランキング  ムートンブーツ  フェノキシエタノール  

月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム
ご連絡は、こちらからお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

参加ブログランキング一覧
i2i
資産運用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。