スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


≫≫ このブログの 目次(もくじ) を見る

ラウレス硫酸アンモニウムとは? 安全性や特徴

ラウレス硫酸アンモニウムは、
シャンプーに最近よくつかわれている
成分ですね。

⇒  ラウレス硫酸アンモニウム を含むシャンプー一覧
けっこう、たくさんありますね。
ここまで多いとは思っていませんでした。



石油系・高級アルコール系の
界面活性剤(洗浄成分)です。


より知名度のある有名な成分、
「ラウレス硫酸Na」と、
「ラウレス硫酸アンモニウム」は、
基本的に同じようなものです。

ただ、
ラウレス硫酸Naよりかは、
ラウレス硫酸アンモニウムのほうが
コンディショニング効果があるよう
なので、重宝されるのでしょうね。
刺激も、
ラウレス硫酸アンモニウムのほうが、
穏やかです。

【特徴】
・洗浄力、脱脂力がとても強い
・泡立ちがいい。
・スッキリさっぱり。使用感がいい
・原価が安い

洗浄力が非常に強力なので、
気をつけないと、
必要な油分までも奪い去ってしまう
ようです。

頭皮が弱い方やアレルギー体質の方、
乾燥(ドライ)気味の肌質の方、
髪がパサパサの方などには、
おススメできません。

髪・頭皮がとても油分が多い方なら、
使っても、それほど問題はないでしょう。


「ラウリル硫酸」と名のつく成分は
脱脂力が強力な上、
皮膚への浸透力も強く、
ぜひとも避けたい成分ですね。

しかし、
「ラウレス硫酸」が名のつくものは、
脱脂力が非常に強力なこと以外は
そこまで危ない成分ではありません。

「ラウリル」と「ラウレス」は
はっきり区別したほうがいいです。

⇒  ラウレス硫酸アンモニウム を含むシャンプー一覧

有名なメーカーやシャンプーが
たくさんありますね。




≫≫ このブログの 目次(もくじ) を見る

tag : ラウリル硫酸・ラウレス硫酸 成分・界面活性剤 成分・ヘアケア 成分・シャンプー 安全性・危険性 ヘアケア 頭皮ケア ダメージヘア対策

ラウリル硫酸Naとラウレス硫酸Na

ラウリル硫酸Naとラウレス硫酸Na



シャンプーをみるときに、
一番に、チェックするべき成分が、
この二つ。





シャンプーの合成界面活性剤で、


「ラウリル硫酸Na」


「ラウレス硫酸Na」


は、特に刺激と毒性が強いといわれています。


この二つのどちらかが、
成分のトップになっているような
シャンプーは、
避けたほうがいいでしょう。


くらべると、

「ラウリル硫酸Na」のほうが、
ひどいです。

「ラウレス硫酸Na」のほうは、
かなり、マシです。




■ラウリル硫酸Na

硫酸系の界面活性剤でも、
一番、刺激・毒性が強いと
いわれています。


分子量が小さいので、
肌の中で、浸透していきやすいです。

つまり、「経皮毒」に
なる可能性が、十分にあります。

毎日つかうシャンプーですから、
どんどん体内に、
ラウリル硫酸Naが、
蓄積していくことになります。

とにかく、地肌への刺激が強いです。


洗浄力、脱脂力(油分を奪う力)も、
ものすごく強力です。


頭皮・髪の毛の油分を、
ごっそり、奪われてしまいます。

頭皮が乾燥し、
毛穴も痛みます。


このラウリル硫酸Naを
メインの洗浄成分に
使っているシャンプーは、
全力で避けてください。

ラウリル硫酸Naを、
メインの洗浄成分に使っているような
シャンプーは、
ほとんど、見かけなくなりました。

それでも、たまにですが、
このラウリル硫酸Naを
メインに使っているシャンプーが
あります。
(有名ブランドでも、
 使っているシャンプーがあります)

全力で、避けましょう。




■ラウレス硫酸Na


さきほどの「ラウリル硫酸Na」よりは、
かなり、刺激も毒性もマシです。

「ラウリル硫酸Na」の
分子量を大きくしたものが、
「ラウレス硫酸Na」なのです。


分子量が大きくなったので、
肌の中に、浸透しにくくなっています。

「経皮毒」になりにくいのです。

だから、刺激・毒性が、
かなりマシになっているのです。
刺激・毒性は、
それほど気にする必要はないと
思われます。



ただし、
脱脂力(油分を奪う力)は
ものすごく強力です。

ラウレス硫酸Naが、
洗浄成分のメインに使われているような
シャンプーは、
ものすごく
洗浄力が強力ということです。


頭皮・髪の毛の油分を、
ごっそり奪われます。
(それをシリコンや安価な油分で
 ゴマかしています。)

頭皮が乾燥し、毛穴が痛みます。


オイリーな髪質の人ならば、
使ってもいいかもしれません。



パサパサ髪の人は、
絶対に使ってはいけません。


敏感肌の人や
ダメージヘア、ビビリ毛なども、
避けたほうがいいです。


サブ的な洗浄成分として
ラウレス硫酸Naが
シャンプーに混入されている場合は、
洗浄力を補助的にアップさせているということで、
あまり気にしなくていいでしょう。


市販のシャンプーの
8割か9割以上は、
このラウレス硫酸Naが
メインの洗浄成分となっています。

(美容院専用のシャンプーも
 多くが、ラウレス硫酸Na使ってます。)

気をつけてください。



【 関連記事 】
≫ シリコンシャンプーのデメリット&メリット
≫ ダメージヘア対策に シリコン vs ノンシリコン
≫ ノンシリコンのメリット(長所)
≫ ノンシリコンのデメリット(短所・欠点))
≫ ラサーナ シリコン入ってるけど大丈夫?
≫ ラウリル硫酸Naとラウレス硫酸Na
  (シャンプーで一番注意するべき成分)


≫≫ このブログの 目次(もくじ) を見る

tag : ラウリル硫酸・ラウレス硫酸 成分・界面活性剤 成分・ヘアケア 成分・シャンプー 安全性・危険性 ヘアケア 頭皮ケア ダメージヘア対策

合成界面活性剤の●●系に気をつけろ!

合成界面活性剤の●●系に気をつけろ!

よく
「合成界面活性剤は体に良くない」
「せっけんシャンプーがいい」
という話を聞きます。

しかし、全ての合成界面活性剤が良くないわけではありません。

界面活性剤は
大きく、いろんな系統に分けることができます。

よく見られるのは、この4つの系統。


■硫酸系
■せっけん系
■アミノ酸系
■ベタイン系

このうち、
硫酸系だけは、要注意です!!


「せっけん系」は安全とされています。
(ただし、アルカリの強い石けんは肌に良くないと
 言われることも)


ほかの「アミノ酸系」や「ベタイン系」は、
洗浄力も穏やかで、
髪の毛に、いい影響を与えたりします。


では、要注意の硫酸系を詳しく見てみましょう。

■硫酸系の洗浄剤
・とにかく洗浄力が強い(油分を必要以上に奪う)
・低価格
・刺激が強い
・毒性が疑われる


そんな硫酸系の中でも、
特に、一番毒性が強いといわれているのが、

「ラウリル硫酸Na」。

その次に、

「ラウレス硫酸Na」

(「ラウリル硫酸Na」より、ちょっとマシ。)


この二つだけでも、気をつけたほうがいいのです。

市販のシャンプーの成分表示を見ていただけるとわかりますが、
ほとんどのシャンプーが、
洗浄成分のトップに、
「ラウリル硫酸Na」「ラウレス硫酸Na」の、
どちらかが、来ています。

3番目くらいに来ているのなら、まだ、マシなのですが、、

たいてい、トップに来ています。

この「ラウリル硫酸Na」「ラウレス硫酸Na」の、
どちらかがトップにきているシャンプーだけで、
市販のシャンプーの7割はいくのでは?

「ラウレス硫酸アンモニウム」も、
洗浄成分のトップに来ていることが多いです。


ほかにも、
「硫酸」という単語が、
名前の一部になっている成分は、
要注意です。

特に毒性が強いとされているもの
「セチル硫酸Na」
「ラウリルエーテル硫酸Na」
「ラウリル硫酸TEA」
この3つも、注意です。

つまり、硫酸系の合成界面活性剤がベース(トップ)に
きているシャンプーを避けるだけで、
残ったものは、
かなりマシなシャンプーであるといえそうです。


一方、

「アミノ酸系」や「ベタイン系」の
界面活性剤は、
洗浄力も非常に穏やかで、
必要以上に、脂分を奪いません。
低刺激です。


最近、
「アミノ酸系」の洗浄成分をベースとした
シャンプーが増えてきています。
そして、人気のようです。
喜ばしいことですね。^^


⇒ アミノ酸系シャンプー 一覧

ほんとに、たくさんの種類のアミノ酸系シャンプーが出ているようです。

レビュー件数も、こんなにあるんですね。いつのまに・・・。^^;


≫≫ このブログの 目次(もくじ) を見る

テーマ : ヘア・ケア
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : ヘアケア シャンプー 成分・ヘアケア 成分・シャンプー 成分・界面活性剤 硫酸系シャンプー 石ケン系シャンプー アミノ酸系シャンプー ベタイン系シャンプー 安全性・危険性

ピックアップ
記事リスト
表示中の記事
もくじ・サイトマップ
目次 (TopPage)  全記事一覧
カテゴリ
PDタグリスト
 
CssTagCloud

ヘアケア  ダメージヘア対策  コーティング剤  レビュー  洗い流さないトリートメント  シャンプー  安全性・危険性  成分・ヘアケア  ノンシリコンシャンプー  コスメ  シリコン・ノンシリコン論  成分・シャンプー  トリートメントレビュー  シャンプーレビュー  目次  アミノ酸系シャンプー  コスメ成分の安全性・危険性の考え方  パサパサ髪対策  口コミ  クリーム  ラサーナ  スキンケア  シリコン入りシャンプー  カタツムリコスメ  成分・コスメ  シャンプーの使い方  ハホニコ十六油  ファッション  リンス・トリートメントの使い方  香りのいいシャンプー  オレフィンスルホン酸Na  トリートメント  石ケン系シャンプー  椿油  ラウリル硫酸・ラウレス硫酸  頭皮ケア  ヘアケアトライアル  おすすめシャンプー一覧  コスメレビュー  ノンシリコントリートメント  実体験レビュー  成分・界面活性剤  成分・防腐剤  無添加トリートメント  無添加シャンプー  ベタイン系シャンプー  ミルボン  アロマのやさしさ  パラベン  ケラスターゼ  すすぎ  レインウェア  ヘアケア最強バイブル  お得セット  レインブーツ  硫酸系シャンプー  プロのノウハウ  ヘアケア本  価格比較  コスメトライアル  耳より情報  ストレートジェル  コーセー  SALASA  男性用  ヘアケアランキング  レヴール  凜恋  大きいサイズ  タール色素  シャネル  ジュレーム  ブーツ  大島椿  トリートメント比較  黒ばら本舗純椿油  三原椿油  せっけん  ナチュールアロマシャンプー  ダフナ  入学式スーツ  ディーセスエストクアルSO  ディーセスエストクアルSL  シリコン入りトリートメント  目次トップ  エリシーナ・プラス  コスメランキング  ムートンブーツ  フェノキシエタノール  

月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム
ご連絡は、こちらからお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

参加ブログランキング一覧
i2i
資産運用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。