スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


≫≫ このブログの 目次(もくじ) を見る

シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの違い★いいのはどっち?

シリコン入りのシャンプーと
ノンシリコンシャンプーの本質的な違いは
どこなのでしょう?

シリコン入りとノンシリコン、
本当にいいのは、どちらなのでしょう?

シリコン入りとノンシリコン、
実は、

本質的な違いは、あまりありません。

シリコン入りシャンプーは、
シリコンというコーティング剤がはいっています。

ノンシリコンシャンプーは、
シリコンこそはいってないものの、
代わりとなる油やコーティング剤が
はいっているからです。

シリコンの代わりになっている油や
コーティング剤が
いいものとは限らないでしょう?

そもそも、
シリコン以上に優秀なコーティング剤なんて、
なかなかありません。
それくらい、シリコンは優秀な
コーティング剤です。

たまに、
シリコンを入れすぎているシャンプーがあり、
そういうシャンプーは問題がありそうです。



シリコンの入れすぎが問題なだけです。


油は酸化しやすく、匂いの原因になりやすいなど、
それぞれ欠点があるわけです。


だから、シリコン入りシャンプーか
ノンシリコンシャンプーかの違いは、
本質的にはないのです。



じっさいに、
シリコン入りシャンプーも、
いいシャンプーもあれば、
あまり良くないと感じるシャンプーもあります。

ノンシリコンシャンプーも、
いいシャンプーもあれば、
あまり良くないであろうシャンプーもあります。




シャンプーの善し悪しは、
シリコンのあるなしは、あまり重要ではありません。



シリコン以外の成分が大事です。

肌の弱い人にとっては、
アレルギーをひきおこすような
刺激の強い物質が入ってるかどうかが
とても重要です。


ラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naなど、
あまりにも強力な洗浄力で、
皮脂などのバリア機能を根こそぎ奪うような成分も、
避けた方がいいでしょう。


カチオン系界面活性剤も、
頭皮に刺激が強いので、
シャンプー剤としてはお勧めできません。
(リンスなどにはOK)

パラベンなどの防腐剤やタール色素は、
シャンプーはすぐに洗い流す前提ですから、
ほとんど悪影響はありません。

パラベンなどの防腐剤が入ってないほうが、
心配です。
お風呂場は湿気が多く、気温も高く、
腐りやすさが抜群です。
腐ったシャンプーのほうが、よほど危険でしょう。


このように、
シリコンのあるなし以外に、
重要な判断基準がたくさんあります。


くりかえしますが、

シリコンシャンプーか
ノンシリコンシャンプーかは、
あまり重要ではないのです。



どちらがいいか、そんなのは、
決められません。


あえていうなら、

リンスやトリートメントをしないシャンプーだけの人には、
シリコン入りシャンプーがいいと思います。

頭皮の毛穴づまりが気になる人は、
ノンシリコンシャンプーがいいかもしれません。

別にシリコンは揮発性で網状ですし、
ふつうは毛穴につまったりはしませんが、
シリコン配合量が多すぎるシャンプーも
ありますし、
気になる人もいらっしゃるでしょうから。


【 参考記事 】
≫≫ ノンシリコンのデメリット(短所・欠点)

≫≫ パラベンの安全性は? 危険なの?

≫≫ ラウリル硫酸Naとラウレス硫酸Na





≫≫ このブログの 目次(もくじ) を見る

tag : ヘアケア シリコン・ノンシリコン論 ノンシリコンシャンプー シリコン入りシャンプー 安全性・危険性 成分・ヘアケア 成分・シャンプー ダメージヘア対策 コーティング剤

シリコンなしシャンプーの注意点 ★髪にいいと思っていたのに・・・★

シリコンなしシャンプーって、
本当にいいのでしょうか?

シリコンなしシャンプーとは、
シリコンが配合されてないシャンプーです。

ジメチコンやシリカなど、シリコンにはいろんな種類があります。

そのような成分が一切つかわれてないシャンプーのことです。



「ノンシリコン」「シリコンフリー」
と一般的に言われています。

最近、ノンシリコンシャンプーがやたら流行ってますね。

でも、

シリコンが無いシャンプーにしたら、
よけい髪の毛がパサパサしたり、
髪が臭くなったりしたという人もいます。

1年以上使っても、
パサパサしたままという人も。


それもそのはず、



ノンシリコンだからって、
それだけで、
いいシャンプーなわけではないのです。



シリコン以外に、良くない成分が入っていれば、
それはおススメできないシャンプーになりますよね?



では、シリコンなしシャンプーを
使うとき、
どんなことに注意すればいいんでしょうか?



■ じつはリンスやトリートメントにシリコンはいってる



シリコンがはいってないシャンプーでも、
同じ系統のリンス・トリートメントには
シリコンがはいっているということ、
じつは、よくあります。



「シリコンがはいってると、カラー剤が入りにくい」
「シリコンがはいってると、キューティクルがはげやすくなる」

などなど、
あれだけシリコンを悪者にしている書き方をしてるのに、
リンスやトリートメントに
シリコンがはいっているのは、おかしな話です。


シリコンなしを貫きたい人は、
リンスやトリートメントも、
シリコンが入ってないものを選ぶと
いいでしょう。


でも実は、シリコンはそんなに悪い成分でも
ないんですけどもね。
それどころか、すごく優秀なコーティング剤です。
シリコンを悪者にしたほうが売れるから、
悪者にしてるだけではないでしょうか。


■ ノンシリコンシャンプーで髪がきしむ



髪の毛がパサパサになったりキシむ理由は、
あまりにも洗浄力の強い洗浄成分を
使っているからだという可能性があります。


頭皮や髪の油分が根こそぎ、
なくなってしまっているのではないでしょうか。

髪の毛や頭皮に、適度な油分がのこってこそ、
髪の毛や頭皮がいい状態に保たれます。


あまりに洗浄力の強いシャンプーだと、
油分が残らないので、
髪の毛がパサパサになったり、
キシんだりします。

洗浄力がマイルドなシャンプーなら、
適度がな油分がのこるので、
それほどキシんだり、パサパサになったり
しないはずです。


シリコンは、実は優秀なコーティング剤ですから、
シリコンが入ってないシャンプーだと、
よけいキシんだり、パサパサになったり
しやすいのは当然です。

シリコンが入ってる入ってないにかかわらず、

洗浄力が強力なシャンプーを避けること



が、大事です。


すくなくとも、
「ラウレス硫酸」「ラウリル硫酸」
がメイン成分で入ってる
シャンプーは、洗浄力が強力すぎるので、
避けたほうが無難でしょう。
(頭皮や髪の油分が汚れがすごく多い人は別)



洗浄力がマイルドな、
アミノ産系シャンプーやベタイン系シャンプーが
おススメです。



■ ノンシリコンシャンプーだと臭くなる理由



ノンシリコンシャンプーで髪や頭皮が臭くなる理由が、
はっきりわかっているわけではありません。

ただ、そういうケースを聞くのは確かです。

「加齢臭」のような匂いとも聞きますね。

★臭う原因として考えられること★

・あまりにも強力な洗浄成分をつかってたり、
 殺菌剤のいれすぎで、
 皮膚の常在菌が死滅してしまうため、
 かえって雑菌がわきやすくなり、
 それが匂いの原因となっている。


・シリコンのかわりに
 油をコーティング剤のメインにつかっていて、
 それが酸化してしまっている


・シリコンのかわりに、
 質の悪いコーティング剤が配合されている




以上のことは、
シリコンの有無にかかわらず、起こりうることですので、
気をつけたいところです。

対策としては、

★殺菌作用や洗浄力がマイルドなシャンプーを選ぶ
★油成分が酸化しないうちに、早めに使い切る
★よく、すすぐ


などが、あげられます。

このように、
シリコンなしシャンプーであれば、
いいというわけではないのです。


個人的には、
シリコンが適度に配合されているシャンプーのほうが
トラブルは少ないように感じます

シリコンがかなり多めにいれられているシャンプーは
たしかに良くないですけどね。

ほどほどの量なら、
シリコンが入ってるほうがいいようにかんじます。


パサパサ髪やダメージヘアにお悩みの人は、

★シリコンの有無よりも、
 「ラウリル硫酸○○」「ラウレス硫酸○○」
 といった刺激があり、
 強力すぎる洗浄成分がはいってるかどうかを、
 気にした方がよさそうです。



※「ラウレス硫酸○○」は、
 少なめに入ってる分には、さほど問題ないでしょう。

※「ラウリル硫酸○○」は、肌の中にはいりこみやすいので、
 注意してください。

≫≫ ラウリル硫酸Naとラウレス硫酸Na

≫≫ ノンシリコンのデメリット(短所・欠点)




≫≫ このブログの 目次(もくじ) を見る

tag : ヘアケア シリコン・ノンシリコン論 ノンシリコンシャンプー 安全性・危険性 成分・ヘアケア 成分・シャンプー ダメージヘア対策 コーティング剤

ラウレス硫酸アンモニウムとは? 安全性や特徴

ラウレス硫酸アンモニウムは、
シャンプーに最近よくつかわれている
成分ですね。

⇒  ラウレス硫酸アンモニウム を含むシャンプー一覧
けっこう、たくさんありますね。
ここまで多いとは思っていませんでした。



石油系・高級アルコール系の
界面活性剤(洗浄成分)です。


より知名度のある有名な成分、
「ラウレス硫酸Na」と、
「ラウレス硫酸アンモニウム」は、
基本的に同じようなものです。

ただ、
ラウレス硫酸Naよりかは、
ラウレス硫酸アンモニウムのほうが
コンディショニング効果があるよう
なので、重宝されるのでしょうね。
刺激も、
ラウレス硫酸アンモニウムのほうが、
穏やかです。

【特徴】
・洗浄力、脱脂力がとても強い
・泡立ちがいい。
・スッキリさっぱり。使用感がいい
・原価が安い

洗浄力が非常に強力なので、
気をつけないと、
必要な油分までも奪い去ってしまう
ようです。

頭皮が弱い方やアレルギー体質の方、
乾燥(ドライ)気味の肌質の方、
髪がパサパサの方などには、
おススメできません。

髪・頭皮がとても油分が多い方なら、
使っても、それほど問題はないでしょう。


「ラウリル硫酸」と名のつく成分は
脱脂力が強力な上、
皮膚への浸透力も強く、
ぜひとも避けたい成分ですね。

しかし、
「ラウレス硫酸」が名のつくものは、
脱脂力が非常に強力なこと以外は
そこまで危ない成分ではありません。

「ラウリル」と「ラウレス」は
はっきり区別したほうがいいです。

⇒  ラウレス硫酸アンモニウム を含むシャンプー一覧

有名なメーカーやシャンプーが
たくさんありますね。




≫≫ このブログの 目次(もくじ) を見る

tag : ラウリル硫酸・ラウレス硫酸 成分・界面活性剤 成分・ヘアケア 成分・シャンプー 安全性・危険性 ヘアケア 頭皮ケア ダメージヘア対策

ノンシリコンシャンプーの臭いの正体は?

ノンシリコンシャンプーで、
「髪の毛や頭皮が変な臭いがするようになった」
という相談が増えているようです。


なぜ、ノンシリコンシャンプーだと
変な臭いがする人がいるのでしょうか?


じつは、
シリコンというのは
非常に質のいいコーティング剤なのです。

頭皮にも害はないはずです。


ノンシリコンシャンプーだと、
いかにもシリコンも他のコーティング剤も
使ってないようなイメージですが、

じつは、
シリコンのかわりに悪質なコーティング剤を
使っていることも、あります。

シャンプーで、
「○○は使ってません」
という表示があっても、
代わりの同じくらい悪質な成分を使っていることは、
それなりによくあることなのです。


すくなくとも、シリコンは臭うようなものではないので、
代わりのコーティング剤が臭いの元と
なっているのでしょう。


たとえば、シリコンのかわりに
油をコーティング剤として使っている場合、
油は酸化しやすいので、
それで臭うのかもしれません。


また、シリコンはストッキングのような網目状で、
空気や水も通しますが、
他の悪質なコーティング剤は、
ラップのように髪の毛をおおってしまうので、
それが臭いの元になっているのかもしれません。


いずれにしても、
はっきりした原因はわかりません。


シリコンは悪いものではないどころか、
非常に質のいいコーティング剤なので、
「シリコン入りシャンプー」に戻ると
いいかもしれません。

または、
ノンシリコンシャンプーでも
質のいいシャンプーを使うといいでしょう。

特に、天然アロマ系の
香りが良く質のいい成分の
ノンシリコンシャンプー
を使うといいでしょうね。


【 関連記事 】
≫≫ ついに見つけた! コスパも質も香りもいいノンシリコンシャンプー
 香りのいいノンシリコンシャンプーのランキング

≫≫ ノンシリコンのデメリット(短所・欠点)




≫≫ このブログの 目次(もくじ) を見る

tag : ヘアケア シリコン・ノンシリコン論 ノンシリコンシャンプー 安全性・危険性 成分・ヘアケア 成分・シャンプー コーティング剤

オレフィン(C14-16)スルホン酸Na の危険性と正体

オレフィン(C14-16)スルホン酸Naって
知ってますか?

さいきん、シャンプーの洗浄成分として、
使われることが増えてきてるんですよ~。



でも…、

このオレフィンスルフォン酸って、
ちょっと気をつけなきゃいけない成分だったりします。


すっごく洗浄力がつよくて、
必要な油分まで、根こそぎうばっちゃう可能性が
あるんですよね~


やはり、オレフィンスルホン酸Naではなく、
髪の皮脂をとりすぎず、
マイルドなアミノ酸系のシャンプーがおすすめです。

厳選 アミノ酸&ノンシリコンシャンプーランキング
 品質だけでなく、コストパフォーマンスや香りの良いシャンプーの中から選び抜きました。



そこまで危険性の高い成分でもないのですが、
オレフィンスルホン酸Naが
洗浄成分のメインとして使ってる場合は要注意です。



食器を洗う合成洗剤に使われているような成分なんで、
ものすごい洗浄力ですよ。



それに、頭皮への刺激も、
そこそこあります。


いま使ってるシャンプーにはいってたら、
ちょっと気をつけてくださいね(汗)。


それにしてもなぜ、

オレフィン(C14-16)スルホン酸Naが
使われることが多くなってきてるんでしょうか?


いまや、かなり悪名高い
「ラウレス硫酸Na」っていう
強力な洗浄成分があります。

悪名たかいけど、
コストの安さや洗浄力の強力さは、
シャンプーメーカーにとって、ものすごく魅力なのです。


でも、自然派をうたうシャンプーとしては、
ラウレス硫酸Naを、あまり使いたくありません。

そんな要望に、
ちょうどいい成分があったんです。

それが、

オレフィン(C14-16)スルホン酸Na


なんですね~!


オレフィン(C14-16)スルホン酸Naも、
コストがとても安くついて、
すごい強い洗浄力をもつ成分だから、
ラウレス硫酸Naの代わりとして、
ちょうどいいんです。


しかも、


「聞こえがいい」!!



「聞こえがいい」
というのは、ものすごく重要です。


まだまだ大半の人は、
シャンプーをイメージで買うと思うのですよ。

だから、
「聞こえがいい」
というのは、最重要といっていいくらいです。


オレフィン(C14-16)スルホン酸Naは、
植物由来のものもあります。

だから

自然派
と言えるんです。


旧指定成分ではありませんから、
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naを使っても、


「無添加」
と宣伝を打てます。


そのような理由で、
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naは、
非常に「聞こえがいい」のです。




★洗浄力(脱脂力)がかなり強力です。

●「食器用洗剤」「住居用洗剤」などに
 よく使われています。

●原価が安くて、「聞こえがいい」ため、
 メーカーにとって都合がいい。

このような特徴がオレフィンスルホン酸Naにはあります。


やはり、
強力すぎる洗浄力・脱脂力

が、問題なのですね。




「ラウレス硫酸Naを使ってません!」

とうたっているのに、

オレフィン(C14-16)スルホン酸Naは使っている
シャンプーを見かけます。


たしかに、
ラウレス硫酸Naより、
オレフィンスルホン酸Naのほうが、
多少、刺激は和らいでるようです。

が、洗浄力は同じくらいなのです。

刺激は、
ラウリル硫酸Naより、ずっと緩和されてます。
ラウレス硫酸Naよりも、多少緩和されてます。

だから、
オレフィンスルホン酸Naは、
そんなに悪い成分でもありません。



洗浄力が強すぎるのが、
問題なだけです。


だから、
オレフィンスルホン酸Naを使っていたとしても、
ほかの成分で、
洗浄力のバランスをとっていれば、
それほど問題はありません。




ラウレス硫酸Naもオレフィン(C14-16)スルホン酸Naも、、
シャンプーの主成分ではなく、
サブ的な洗浄成分として使うには、
洗浄力をひきあげ、いいサポート役になります。

(超悪名高いラウリル硫酸Naよりは、
 ラウレス硫酸Naも
 オレフィン(C14-16)スルホン酸Naも、
 安全性がずっと高いのです。)

髪にやさしい「アミノ酸系洗浄成分」だけでは、
全体的に、
洗浄力が弱くなりすぎてしまうことがあります。

そのようなときに、
サポートのサブ役として、
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naが
生きるでしょう。

同じように、
ラウレス硫酸Naも、
サブ的に使う分には良い成分です。

それでも、
頭皮の弱い人や、乾燥肌の人、
髪がパサパサしている人には、
サブとしても、おすすめできません。

オイリー(脂性)の人にのみ、
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naが
サブ的役割をしているシャンプーを、
おすすめできます。


オレフィンスルホン酸Naは、

有名なシャンプーでも、使っています。

たとえば、
このシャンプーこのシャンプー
つかってます。



オレフィンスルホン酸Naも、べつに悪い成分ではありません。

ですが、パサパサ髪やダメージヘアの方は、
洗浄力がマイルドなアミノ酸シャンプーをおすすめします。


厳選 アミノ酸&ノンシリコンシャンプーランキング



≫≫ このブログの 目次(もくじ) を見る

tag : オレフィンスルホン酸Na ラウリル硫酸・ラウレス硫酸 ヘアケア 成分・シャンプー 成分・ヘアケア 成分・コスメ 安全性・危険性

シャンプーは大きく分けてこの4種類。 大事なポイントはここ!

シャンプーは、何で出来ているか、ご存知ですか?

シャンプーの50~60%は、水。
30~40%は、界面活性剤(洗浄成分)。



シャンプーのほとんどは、

「水」と、「界面活性剤」なのです。!



つまり、、、


シャンプーの質は、

「界面活性剤」が何なのかによって、

ほとんど全て決められてしまう。


ということです。

もちろん、
いい水を使っていることや、
コーティング剤が何であるかも、大事ではあります。


しかし、水以外のシャンプーの成分のほとんどを占める

「界面活性剤」がどんなものであるか???

これが、シャンプー選びで
ものすごく重要なことなので、
ぜひ、覚えておいてください。

シャンプーには、主成分(界面活性剤)によって、
大きく4種類に分けられます。

☆高級アルコール系シャンプー
☆せっけん系シャンプー
☆アミノ酸系シャンプー
☆ベタイン系シャンプー

(本当は、もっといっぱいありますが、
 キリがないので、しぼって4種類だけ紹介してます。)

ご自分の髪質や頭皮の肌質によって、
どの種類のシャンプーと相性がいいか知っておくことは、
非常に大事なことです!

■ 高級アルコール系シャンプー

一般に出回っているシャンプーは、
ほとんどがこの高級アルコール系シャンプーです。
泡立ちがよく、洗浄力が強いため、
使ったあとのスッキリ感は格別。
しかし、肌への刺激が強く、洗浄力が強力すぎて
頭皮や髪の必要な脂分まで奪ってしまうことがあります。
敏感肌・乾燥肌の人、ダメージヘアの人には、
おススメできません。



■ 石けん系シャンプー

石鹸が主成分です。
洗浄力がとても強いです。
肌への刺激は低いといわれていますが、
実際にはアルカリ性なので、肌へのダメージはかなりあるでしょう。
生分解性にすぐれ、環境にやさしいです。
アルカリ性なので、キューティクルが開きやすくなったり、
せっけんカスが発生して頭皮につまりやすくなったりします。、
髪がゴワゴワしたりキシキシしやすいのです。
そこで、しっかり洗い流すことと、
クエン酸配合リンスやお酢リンスなどで
髪を弱酸性に戻すことが大切です。



■ アミノ酸系シャンプー

体と同じアミノ酸が主成分なので安全性が高いのが特徴。
生分解性が高く、環境にもやさしいです。
肌への刺激も非常に低いので、敏感肌の人にいいでしょう。
洗浄力はほどほどで、適度に頭皮と髪に油分が残るのが
頭皮と毛髪をすこやかに保つのにとてもいいです。
ですが、泡立ちや洗浄力がほどほどなので、
物足りなさを感じることがあるかもしれません。
ドライな頭皮の人、肌が弱い人、ダメージヘアの人におススメです。
原価が高くなってしまうのがデメリット。



■ ベタイン系シャンプー

全体的にアミノ酸系シャンプーに近い特徴をもっている
ベタインシャンプー。
アミノ酸系シャンプーよりも、安全性が高く、
それでいて、泡立ちもいいし、カラーやパーマの持ちもいいという
超優れもの。
お値段がアミノ酸系シャンプーを同じくらい高くなるのがデメリット。



ドライな頭皮の人、ダメージヘア、肌が弱い人には
「アミノ酸系シャンプー」「ベタイン系シャンプー」が
おススメです。


オイリーな頭皮の人にも、
「アミノ酸系シャンプー」「ベタイン系シャンプー」がおススメ。

よほどオイリーなら、
「高級アルコール系シャンプー」でもいいかもしれません。
おススメというわけではありません。
(ただし、ラウリル硫酸NaのものはNGです!
 ラウレス硫酸NaのものならOKです。)



アミノ酸系シャンプーは洗浄力がほどほどなので、
オイリーなひとには物足りないかも・・・。
シャンプー前後のすすぎを徹底してください。
泡立ちと洗浄力が良くなります。



≫≫ このブログの 目次(もくじ) を見る

tag : ヘアケア シャンプー アミノ酸系シャンプー ベタイン系シャンプー 石ケン系シャンプー 硫酸系シャンプー 成分・シャンプー 成分・ヘアケア 頭皮ケア

ノンシリコンのデメリット(短所・欠点)

ノンシリコンのデメリット(短所・欠点)

シリコンシリコーン)が
成分として入ってない
シャンプートリートメント
ノンシリコンシリコンフリー
などといいます。


ノンシリコンシャンプー
 ノンシリコントリートメント
 髪の毛にいい!!」

と、言われる一方で、

「長年ノンシリコン派だったけど、
 効果なんて全く無し!! 」

「3年間ノンシリコンを貫いてきたが、
 本当に後悔してる 」


という声も聞きます。



じつは、

シリコン
そんなに悪いものではないし、

ノンシリコンにも
デメリット(短所・欠点)
あるのです。

ノンシリコンにも
メリット(長所)も、
ありますが、
いまのところ、
デメリットも大きいように感じます。


じつは、
シリコンは、
とても安全性が高い物質で、
しかも、

ダメージヘアのコーティングに、
すばらしい威力を発揮してくれます。



シリコンは、ストッキングのようにネット状になっています。
だから、ちゃんと空気や栄養、水を通すのです。
カラーやパーマ液が通りにくいということもありません。

十分なすすぎができていれば、
シリコンが毛穴につまるということもありません。

シリコンは、熱にも強く、
化学反応しにくいのです。アレルゲンにもなりません。

シリコンは、ある意味、
一番、安全性が高い物質といっていいのです。


しかも、ダメージヘアに対する
補修能力はピカイチです!!


そんなシリコンを使わないノンシリコンというのは、
ダメージヘアに対して、
かなりのデメリットがあることになります。

重度のダメージヘア、切れ毛・枝毛が多い人、
ロングヘアの人は、
シャンプートリートメントのどちらかで、
シリコン入りのものを選んだほうがいいと思います。


シリコンを使わないということは、


髪のコーティングを、ほかのものに頼るということです。

シリコンほど、安全性が高い物質は珍しいので、
かわりとなるコーティング剤の安全性のほうが疑問です。


かわりのコーティング剤が、
シリコンより安全性が高いということは
考えにくいのです。

それほど、シリコンは安全性が高い物質なのです。

ノンシリコンということは、
「よくわからないコーティング剤を使っているかもしれない」
というリスクをかかえることになります。

じっさい、よくみると、
ノンシリコンをうたっているシャンプーで、
ほかの合成コーティング剤をつかっていることは、
よくあります。


そのほうが、怖くないですか?



シリコン以外では、

【油】が、コーティング剤として、
安全で優秀です。



アミノ酸系シャンプーなら、
ノンシリコンであっても、
髪の油分が適度に残されるため、
それが自然に髪のコーティング剤となり、安心です。


しかし、、
ほとんどのシャンプーは、アミノ酸系シャンプーではなく、
ラウリル硫酸Na・ラウレス硫酸Naなどの高級アルコール系シャンプーです。
これは、非常に危ないのです。
高級アルコール系シャンプーは、
脱脂力(洗浄力)が非常に強く、
頭皮や髪の油分は、根こそぎ奪われてしまう可能性が高いのです。
それでノンシリコンなら、
油分もシリコンもなく、
まったくコーティングなしの状態になってしまいます。

それで、どうやって、髪をさまざまなダメージから守るのでしょう?


洗浄力や肌への刺激がマイルドな
アミノ酸系シャンプーなら、
ノンシリコンでもいいと思います。

ラウレス硫酸Naなどを使っている
高級アルコール系シャンプーで、
ノンシリコンは、髪がノーガード状態になるといってよく、
ものすごいリスクをかかえることになるでしょう。



ちなみに、
シリコンより優れたコーティング剤もあります。
フッ素系のコーティング剤や、
キトサンのコーティング剤です。

フッ素系は、撥水性が高すぎて、乳化が困難です。
将来的に、出てくるかもしれません。
キトサンのコーティング剤は、かなり高価です。

いずれも、まだ、一般的ではないので、
この記事では、はぶきます。



ノンシリコンのデメリット(短所・欠点) まとめ



■ 痛んだ髪が補修できない


シリコンの役割はコーティングです。
ネット状に、
ストッキングのように、
髪をコーティングしてくれるので、
シャンプーなどに含まれる保湿成分も、ちゃんと髪に浸透します。
髪の補修効果が、かなりあるのです。

シリコンは、
ハゲかけたキューティクルも、
枝毛も、
くっつけてくれる効果が期待できるのです。


髪の毛が傷んで、
すでにキューティクルがハゲた部分も、
シリコンがコーティングして、保護してくれます。


シリコンがないと、
基本的に、「油分」などでコーティングすることになります。



「油分」には、
シリコンのような
髪の毛の補修効果はありません。


キューティクルが
剥げたら、そのままです。

油分は、
髪の傷みを、ある程度、防ぐ効果はあります。
髪から流出した栄養分や油分を補ってはくれます。

しかし、キューティクルがはげたり、枝毛をくっつける働きはありません。
すでに傷んだ髪を修復はしてくれません。


髪の毛は、毛根から出た時点で、
すでに「死んでいる」状態ですので、
自己修復したりしません。
ほっといても、絶対に、髪の傷は治りません。


髪の傷を修復してくれるもので
コーティングするか、
修復のリペア成分(カチオンなど)で、
辛抱強く修復を待つか、
新しく健康な髪が生えてくるのを待つか、
どれかになります。

一般的なリペア成分は、
シリコンコーティングほど、
強力な即効性はありません。時間がかかります。
(軽度~中度のダメージなら、これでもOK)

それに、
健康な髪が生えてきても、
コーティングもせずに、
髪にダメージ与えるようなことをしていたら、
いつまでもダメージヘアなままですが。

キューティクルが重度に傷ついている場合、
シリコンでコーティングするのが一番なのです。

キューティクルが傷ついていると、
そこから、栄養分や水分がどんどん出て行ってしまいます。
髪の毛がどんどん、ひどい状態になっていまいます。


シリコンは、包帯のようなものです。



軽いケガなら包帯を巻かなくても大丈夫です。
重度のケガは絶対に包帯のお世話にならないとダメでしょう。


それと同じように、
軽いダメージヘアならノンシリコンでも大丈夫です。
でも、重度のダメージヘアは
シリコンでコーティングするのがベストのようです。




■ キシキシする


ノンシリコンを使い始めると、
揮発性のシリコンなら、
2~3日で
自然になくなります。
揮発性のシリコンでなくても、
数日で無くなります。

髪のダメージ部分を修復してくれていた
シリコンコーティングが、
なくなっていくので、
ダメージ部分が露出し、
キシキシになるのは、アタリマエです。




■ 熱に弱い

シリコンは、
熱から、髪を守ってくれる効果があります。

ノンシリコンでは、
熱から守ってくれるものがありません。


ノンシリコンの状態で、
ヘアアイロン(コテ)をあてると、
大変ですよ!!


シリコン以外のコーティング剤で、
熱に強いものが、あまりないのです。

油分など、熱に弱いです。


髪の毛を熱から
防御してくれるものが無いので、
髪の毛が、
かなーーり悲惨な状態に
なることが多いです。





■ 摩擦に弱い

髪は、摩擦によるダメージに弱いのです。

特に、濡れた髪は、
摩擦にものすごく弱いです。

油分は、
摩擦ダメージを、
ある程度、防いでくれます。

比べると、
油分よりは、シリコンのほうが、
よりダメージ軽減してくれます。

とはいえ、
摩擦については、
シリコン無しでもいいかもしれません。




■ 油が酸化する、匂いがきつくなる


ノンシリコンだと、
基本的に、コーティングを、
油に頼ることになります。

シリコンは酸化しませんが、

油は酸化します。


酸化しにくい油をつかっていても
油は油、
やはり、ちょっとずつ、酸化していくのです。


時間が経つと、
椿油などは特に、特有の匂いが強くなったりします。

酸化すると、
ベトベトしやすくもなります。



■ 即効性と持続性がない。


シリコンのコーティングのメリットは、
即効性持続性です。



油分のコーティングは、
基本的に、持続性はありません。




ロングヘア(長髪)の人や、枝毛・切れ毛の多い人、
ひどいダメージヘアの人は、
シリコン入りのシャンプートリートメント
いいでしょう。

頭皮(スカルプ)ケアを重視している人や
髪の毛のダメージが軽度~中度くらいの人、
ショートヘアやセミロングくらいの人なら、
シリコン入りのものより
ノンシリコンシャンプートリートメント
いいかもしれません。
その場合、シリコン以外の質のいいコーティング剤や
修復(リペア)成分が含まれているものを選びましょう。

また、

シャンプーノンシリコン
トリートメントシリコン入りがおすすめです。


なぜなら、
シャンプーは主に頭皮をマッサージするように使いますが、
トリートメント・リンス・コンディショナーは
頭皮にはなるべくつけないように、毛先をメインにつかいます。

じっさいには、シリコンで毛穴がつまることはありませんが、
どうしても、頭皮の毛穴づまりことが気になる人もいるでしょう。
そういう場合は、
頭皮につけるのがメインのシャンプーノンシリコンにして、
頭皮にはつけないトリートメント類はシリコン入りに
するのがいいというわけです。


じっさいに、
シリコンの害をさかんにアピールしている
ノンシリコンシャンプーが、
同じシリーズのリンスやトリートメントがシリコン入りに
なっていることは、
笑い話のようですが、よくあることなのです。

本当にシリコンに害があるというなら、
リンスやトリートメントも、シリコンを入れてはいけないと
思うのですが…(笑)。



【 関連記事 】

≫ 満足度97%! 3倍変わるトリートメントの方法
  ダメージヘアに本気で悩む人限定のノウハウ


ついに見つけた! コスパも質も香りもいいノンシリコンシャンプー

≫ シリコンシャンプーのデメリット&メリット
≫ ダメージヘア対策に シリコン vs ノンシリコン
≫ ラサーナ シリコン入ってるけど大丈夫?
≫ ラウリル硫酸Naとラウレス硫酸Na
  (シャンプーで一番注意するべき成分)





≫≫ このブログの 目次(もくじ) を見る

tag : ヘアケア シリコン・ノンシリコン論 ノンシリコンシャンプー 安全性・危険性 成分・ヘアケア 成分・シャンプー ダメージヘア対策 コーティング剤

ピックアップ
記事リスト
表示中の記事
→次
もくじ・サイトマップ
目次 (TopPage)  全記事一覧
カテゴリ
PDタグリスト
 
CssTagCloud

ヘアケア  ダメージヘア対策  コーティング剤  レビュー  洗い流さないトリートメント  シャンプー  安全性・危険性  成分・ヘアケア  ノンシリコンシャンプー  コスメ  シリコン・ノンシリコン論  成分・シャンプー  トリートメントレビュー  シャンプーレビュー  目次  アミノ酸系シャンプー  コスメ成分の安全性・危険性の考え方  パサパサ髪対策  口コミ  クリーム  ラサーナ  スキンケア  シリコン入りシャンプー  カタツムリコスメ  成分・コスメ  シャンプーの使い方  ハホニコ十六油  ファッション  リンス・トリートメントの使い方  香りのいいシャンプー  オレフィンスルホン酸Na  トリートメント  石ケン系シャンプー  椿油  ラウリル硫酸・ラウレス硫酸  頭皮ケア  ヘアケアトライアル  おすすめシャンプー一覧  コスメレビュー  ノンシリコントリートメント  実体験レビュー  成分・界面活性剤  成分・防腐剤  無添加トリートメント  無添加シャンプー  ベタイン系シャンプー  ミルボン  アロマのやさしさ  パラベン  ケラスターゼ  すすぎ  レインウェア  ヘアケア最強バイブル  お得セット  レインブーツ  硫酸系シャンプー  プロのノウハウ  ヘアケア本  価格比較  コスメトライアル  耳より情報  ストレートジェル  コーセー  SALASA  男性用  ヘアケアランキング  レヴール  凜恋  大きいサイズ  タール色素  シャネル  ジュレーム  ブーツ  大島椿  トリートメント比較  黒ばら本舗純椿油  三原椿油  せっけん  ナチュールアロマシャンプー  ダフナ  入学式スーツ  ディーセスエストクアルSO  ディーセスエストクアルSL  シリコン入りトリートメント  目次トップ  エリシーナ・プラス  コスメランキング  ムートンブーツ  フェノキシエタノール  

月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム
ご連絡は、こちらからお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

参加ブログランキング一覧
i2i
資産運用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。