スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


≫≫ このブログの 目次(もくじ) を見る

オレフィン(C14-16)スルホン酸Na の危険性と正体

オレフィン(C14-16)スルホン酸Naって
知ってますか?

さいきん、シャンプーの洗浄成分として、
使われることが増えてきてるんですよ~。



でも…、

このオレフィンスルフォン酸って、
ちょっと気をつけなきゃいけない成分だったりします。


すっごく洗浄力がつよくて、
必要な油分まで、根こそぎうばっちゃう可能性が
あるんですよね~


やはり、オレフィンスルホン酸Naではなく、
髪の皮脂をとりすぎず、
マイルドなアミノ酸系のシャンプーがおすすめです。

厳選 アミノ酸&ノンシリコンシャンプーランキング
 品質だけでなく、コストパフォーマンスや香りの良いシャンプーの中から選び抜きました。



そこまで危険性の高い成分でもないのですが、
オレフィンスルホン酸Naが
洗浄成分のメインとして使ってる場合は要注意です。



食器を洗う合成洗剤に使われているような成分なんで、
ものすごい洗浄力ですよ。



それに、頭皮への刺激も、
そこそこあります。


いま使ってるシャンプーにはいってたら、
ちょっと気をつけてくださいね(汗)。


それにしてもなぜ、

オレフィン(C14-16)スルホン酸Naが
使われることが多くなってきてるんでしょうか?


いまや、かなり悪名高い
「ラウレス硫酸Na」っていう
強力な洗浄成分があります。

悪名たかいけど、
コストの安さや洗浄力の強力さは、
シャンプーメーカーにとって、ものすごく魅力なのです。


でも、自然派をうたうシャンプーとしては、
ラウレス硫酸Naを、あまり使いたくありません。

そんな要望に、
ちょうどいい成分があったんです。

それが、

オレフィン(C14-16)スルホン酸Na


なんですね~!


オレフィン(C14-16)スルホン酸Naも、
コストがとても安くついて、
すごい強い洗浄力をもつ成分だから、
ラウレス硫酸Naの代わりとして、
ちょうどいいんです。


しかも、


「聞こえがいい」!!



「聞こえがいい」
というのは、ものすごく重要です。


まだまだ大半の人は、
シャンプーをイメージで買うと思うのですよ。

だから、
「聞こえがいい」
というのは、最重要といっていいくらいです。


オレフィン(C14-16)スルホン酸Naは、
植物由来のものもあります。

だから

自然派
と言えるんです。


旧指定成分ではありませんから、
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naを使っても、


「無添加」
と宣伝を打てます。


そのような理由で、
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naは、
非常に「聞こえがいい」のです。




★洗浄力(脱脂力)がかなり強力です。

●「食器用洗剤」「住居用洗剤」などに
 よく使われています。

●原価が安くて、「聞こえがいい」ため、
 メーカーにとって都合がいい。

このような特徴がオレフィンスルホン酸Naにはあります。


やはり、
強力すぎる洗浄力・脱脂力

が、問題なのですね。




「ラウレス硫酸Naを使ってません!」

とうたっているのに、

オレフィン(C14-16)スルホン酸Naは使っている
シャンプーを見かけます。


たしかに、
ラウレス硫酸Naより、
オレフィンスルホン酸Naのほうが、
多少、刺激は和らいでるようです。

が、洗浄力は同じくらいなのです。

刺激は、
ラウリル硫酸Naより、ずっと緩和されてます。
ラウレス硫酸Naよりも、多少緩和されてます。

だから、
オレフィンスルホン酸Naは、
そんなに悪い成分でもありません。



洗浄力が強すぎるのが、
問題なだけです。


だから、
オレフィンスルホン酸Naを使っていたとしても、
ほかの成分で、
洗浄力のバランスをとっていれば、
それほど問題はありません。




ラウレス硫酸Naもオレフィン(C14-16)スルホン酸Naも、、
シャンプーの主成分ではなく、
サブ的な洗浄成分として使うには、
洗浄力をひきあげ、いいサポート役になります。

(超悪名高いラウリル硫酸Naよりは、
 ラウレス硫酸Naも
 オレフィン(C14-16)スルホン酸Naも、
 安全性がずっと高いのです。)

髪にやさしい「アミノ酸系洗浄成分」だけでは、
全体的に、
洗浄力が弱くなりすぎてしまうことがあります。

そのようなときに、
サポートのサブ役として、
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naが
生きるでしょう。

同じように、
ラウレス硫酸Naも、
サブ的に使う分には良い成分です。

それでも、
頭皮の弱い人や、乾燥肌の人、
髪がパサパサしている人には、
サブとしても、おすすめできません。

オイリー(脂性)の人にのみ、
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naが
サブ的役割をしているシャンプーを、
おすすめできます。


オレフィンスルホン酸Naは、

有名なシャンプーでも、使っています。

たとえば、
このシャンプーこのシャンプー
つかってます。



オレフィンスルホン酸Naも、べつに悪い成分ではありません。

ですが、パサパサ髪やダメージヘアの方は、
洗浄力がマイルドなアミノ酸シャンプーをおすすめします。


厳選 アミノ酸&ノンシリコンシャンプーランキング



≫≫ このブログの 目次(もくじ) を見る

tag : オレフィンスルホン酸Na ラウリル硫酸・ラウレス硫酸 ヘアケア 成分・シャンプー 成分・ヘアケア 成分・コスメ 安全性・危険性

パラベンとフェノキシエタノールの違い

パラベンとフェノキシエタノールの違い

パラベンも、
フェノキシエタノールも、

防腐剤です。


両方とも、化粧品によく使われています。

目薬、食品にも使われています。


パラベンは、
防腐剤として優秀で、
とても安全性が高いと評価されています。

フェノキシエタノールも、
同じくらい安全性は高く、
防腐剤としても、優秀です。




パラベンのほうが、
知名度が高く、
マイナスイメージも強いですね。

パラベンは、
「表示指定成分」であったからでしょう。
しかも、
パラベンは合成化学物質です。


フェノキシエタノールは、
「表示指定成分」では、ありませんでした。
そして、
自然界に天然物として存在する成分(緑茶など)
なんですね。
フェノキシエタノールは、自然派成分です。


そのため、
パラベンより、
フェノキシエタノールを使うほうが、
イメージが、いいようです。

じっさい、
「自然派」を主張する商品では、
フェノキシエタノールが使われていることが
多いのです。



パラベンとフェノキシエタノールの急性毒性を
見ていきましょう。


メチルパラベン 体重1kgあたり 2.5g。
フェノキシエタノールは、体重1kgあたり 1g。


急性毒性では、
パラベンのほうが、
フェノキシエタノールより、
安全性が高いようです。




アレルギーの問題ですが、、

パラベンは、
濃度が高くなると、
アレルギー症状が出る人がいます。
でも、
濃度が低いと、
アレルギー症状がほとんど出ません。

フェノキシエタノールは、
濃度に関係なく、
すこしでも配合されていると、
アレルギー症状が出る人がいるようです。

この点においても、
パラベンのほうが、優位だといえます。




一般的に、
フェノキシエタノールのほうが、
パラベンよりも、低毒性です。

しかし、
フェノキシエタノールは、
パラベンよりも防腐力が劣ります。
そのため、パラベンの倍以上、
化粧品に配合しなければいけないようです。


パラベンの濃度の上限は
法律で制限されています。
化粧品の1%までと、決まっているのです。

じっさいは、
パラベンが0.2%も入ってない化粧品が
ほとんどです。
(日本の化粧品の場合ですが)

パラベンは、
0.25%以上になると、
刺激を感じる人が、たまに、います。
(そのため「表示指定成分」にされていました。)

ですから、
ほとんどの日本の化粧品は、
パラベン濃度を、
0.25%以上にならないように、
工夫されています。

平均では、
パラベンの濃度は、0.1%程度
だそうです。

0.1%って、ものすごい低濃度ですよ!


フェノキシエタノールは、
平均濃度0.3%弱
のようです。
(日本の化粧品)

なんと、パラベンの2倍以上の濃度!!


結局のところは、
防腐剤としては、
パラベンのほうが、
フェノキシエタノールより、
優秀だと感じます。


ちなみに、
より自然派な防腐剤
(ローズマリーエキスなど)で、
防腐効果を得ようとすると、
5%以上の濃度は、
確保しないといけないようです。

自然派防腐剤の濃度は
5%以上ですよ?



パラベンの0.1%や
フェノキシエタノールの0.3%弱より、
はるかに多いです。





しかも、自然派な防腐剤だからって、
安心なわけではないのです。
農薬が含まれていたり、
エキスを抽出するときに、
有機溶剤が使われていたりする場合が
多いのです。



それを考えると、
自然派な防腐剤よりは、
パラベンや、
フェノキシエタノールのほうが、
安全性が高いように思えます。



しかも、

パラベン・
フェノキシエタノールともに、
年々、濃度を低くする工夫が進んでいます。


消費者には、朗報ですね



一般的に、
マイナスイメージの強いパラベンですが、、、

フェノキシエタノールより
安全性が高いようです。


イメージは、

フェノキシエタノールのほうが、
圧倒的に、いいですね。^^


もっとも、

パラベンもフェノキシエタノールも、

安全性が高く、
防腐剤として優秀です。

しかも、年々、
配合濃度は低くなり、
安全性は高まっているようです。


あまり過度に心配する必要は
なさそうです。






≫≫ このブログの 目次(もくじ) を見る

tag : 成分・防腐剤 成分・コスメ パラベン フェノキシエタノール 安全性・危険性

タール色素だけは要チェック!

「タール色素」は、危ない!!

タール色素というのは、「青色○号」「赤色○号」など、
「色+数字+号」という表記で書かれている色素です。

これは、、、
なんとなんと、

石油からとれる

コールタール状

「石油タール」から、
分離・合成されているのです。


もうこの説明だけで、恐ろしいです。


いやもう、タール色素だけは、
なんとしても、避けたいところです。

個人的に、一番にチェックするべき添加物だと
考えています。

タール色素は全体的に注意レベルは高いです。
中には、かなり毒性が高いものが、あります。


防腐剤や界面活性剤は、
コスメにとって、ある意味、
「必要悪」なところがあると思っています。

でも、色素は、
コスメにそれほど必要じゃないですよね・・・。



口紅には、
確かに色素が必要ですが、
口紅は、半分くらい、口から体内に入ると
いわれていますから、
ほかの化粧品より、
はるかに厳格な姿勢で
商品作りに臨んでほしいところです。


食品業界は、
タール色素が入っているものが、
どんどん減ってきています。
特に、アイスクリームは、
一昔前は、タール色素が入りまくりでしたが、
最近は、ほとんど入っていません。
ほぼ全て、代替の安全性の高い色素に
とってかわってます。


特に、
塗り切りの化粧品(クリーム、化粧水、口紅など)
入ってるタール色素は
注意です。

その中でも、
口紅は、半分以上、食べてしまうので、
特に特に、要注意です!!




塗り切りでなく、

洗い流す前提の化粧品
(シャンプー、洗顔剤など)
には、
ある程度は、
タール色素が含まれてても、
大丈夫だと思います。









そのような観点から、
口紅などに、
タール色素が入っている時点で、
「この商品は信頼性が低いのでは?」
と、感じてしまいます。


タール色素は、

特に、200番台が危ない

ということは、
覚えておいたほうが、いいです。

アメリカ・ヨーロッパでは、
200番台は、禁止されていることが多いのです。

また、ヨーロッパでは、
食品には、タール色素は全面的に
禁止されています。


日本でも、食品添加物として、
許可されているタール色素は12種類だけです。



【タール色素 食品に添加OK】

赤色2号、赤色3号、赤色40号、赤色102号、赤色104号・赤色105号、赤色106号、
黄色4号、黄色5号
緑色3号
青色1号、青色2号



食品に添加OKのタール色素なら、
10歩ゆずって、
まだ、良しとします。



食品には禁止されていても、
化粧品にはOKのタール色素は、
70種類あまりも、あります。


食品に許可されているタール色素よりも、
食品に許可されていないが、
化粧品に使われているタール色素のほうが、
ずっと多いのです!


食品に禁止されているタール色素は、
食品に許可されているものよりも、
注意が必要です。


その中の多くが、
光毒性・発がん性があったり、
肝臓腫の原因になるとされていたりします。


このように、タール色素は
全般的に非常に危険度が高いのです。

まっさきに、チェックしたほうがいい
添加成分といえるでしょう。


まとめ。


● 食品に添加OKのタール色素は、まだOK
● 洗い流す化粧品(クレンジング・シャンプー)には、まだOK


● 口紅のタール色素は、要注意!!!



≫≫ このブログの 目次(もくじ) を見る

テーマ : コスメ・美容
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : タール色素 成分・コスメ コスメ成分の安全性・危険性の考え方 安全性・危険性

パラベンの安全性は? 危険なの?

パラベンの安全性は? 危険なの?

「パラベン」

防腐剤です。

おそらく、一番有名な、
化粧品の添加物ではないでしょうか。

同時に、

ものすごく、

イメージ悪いです。(汗)



パラベンは、
「非常に安全性が高い防腐剤」
として、
積極的に使われてきました。

世界中の研究結果で、

「非常に確実で、安全性の高い防腐剤」


と、評価されてきました。



そのため、
食品などにも、使われてきました。

それくらい、
防腐剤として、優秀という評価があったのです。


ごくごく少量で、殺菌性も高かったのです。



しかし、近年、問題点が発覚してきました。


■ パラベンの問題点

・環境ホルモン作用が報告されている。
・活性酸素を発生させている疑いがある。
・刺激が強い。
・アレルギーを起こす人もいる。



以上のような問題点があります。

じっさい、
危険度はどのくらいかと、
調べてみました。

ネット・書物、いろいろと調べましたが、
意見は真っ二つに分かれます。


●「パラベンの危険レベルは非常に高い」
●「パラベンの危険レベルは低い」

両方の意見が、
同程度、あるのです。


「パラベンの危険レベルは低い」
という人の意見は、
「パラベンは防腐剤として、
 ものすごく優秀で、
 ごくごく微量で、
 防腐・殺菌効果を発揮できるため、
 ごくごく微量を配合するだけでいい。
 その分、安全性が高いと言える。」

「ほかの防腐剤のほうが、
 安全そうにみえるが、実は危険。
 パラベンのほうが、はるかにマシ。」

というものです。


どちらの意見も、
非常に説得力があり、
わたしには、パラベンの安全性がどの程度か、
判断することができません。


しかし、パラベンが、
比較的、安全だと仮定したとしても、
「念のため」ということで、
必要量以上のパラベンを配合しているような
メーカーもあるのではないでしょうか。

メーカーの姿勢によっても、
パラベンの危険性はぜんぜん違うでしょう。

また、パラベンに対しては、
必要以上にマイナスイメージが強いのも、
確かでしょう。


結論としては、
「パラベンは、
 なるべく避けるに越したことはない」

ということになります。

曖昧な結論になってしまいました。
申し訳ありません。

しかし、パラベンを判断するのは、
それくらい、難しいのです。





≫≫ このブログの 目次(もくじ) を見る

テーマ : コスメ・美容
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : 成分・防腐剤 成分・コスメ パラベン 安全性・危険性

防腐剤を考える

防腐剤を考える

防腐剤は、コスメに必要なのでしょうか?

防腐剤を使わなければ、
たいていの化粧品は、
冷蔵庫で保管して、
一ヶ月以内で腐ってしまうようです。

じっさい、
手作りコスメは、
一ヶ月以内に
使い切らなくてはいけないものばかりです。

それでは、
お店に置いている間に、
ほとんどが酸化or腐ってしまいます。


そういう意味では、
メーカーがつくるコスメは、
防腐剤は必須といってもいいでしょう。


ファンケルがやっているように、
短期間に使い切りやすいように、
小さな小瓶に密閉といった方法をとっている
メーカーも一部あります。


また、
ローズマリーのエキスや、
ワサビの成分というような
食べても大丈夫なものを活かして、
防腐剤の代わりにしているメーカーもあります。
(ローズマリーエキスなどの
 天然成分も、有機溶剤を用いて、
 抽出していることも多く、
 完全に安心できるわけではありません。)

そのような一部のメーカーを除いて、
何らかの形で、
防腐剤を使っています。


防腐剤は、
入って無いにこしたことはないものの、
少量は仕方がない気がしています。
「必要悪」といってもいいかもしれません。


酸化したり、腐ったりしたものを
肌に塗ったり、
成分表示をゴマかされるほうが、
問題は大きいのではないでしょうか。



≫≫ このブログの 目次(もくじ) を見る

tag : コスメ成分の安全性・危険性の考え方 成分・防腐剤 成分・コスメ

添加成分の「気にしすぎ」、かえって良くない?

「気にしすぎ」、かえって良くない?

なんでも、あまり「気にしすぎ」は、
いい結果を生まないようです。

かといって、
「気にしなさすぎ」も問題あるとは思います。
バランスは大事ですね。


たとえば、
「食べ物」の添加物を、
とても気にする人は、案外、多いです。

「完全無農薬」に、こだわったり。
まったく外食しなかったり。

そのような人よりも、

「あまり気にせず、
 なんでも感謝して食べる人の方が、
 かえって健康なことが多い。」

という話は、よく聞きます。
そのような研究結果が、
ニュースで流れたこともあったと聞きます。



健康志向も、楽しんでやってるのなら、いいと思うんです。

しかし、不安や焦りから、
健康志向に走っていると、
かえってストレスをためてしまって、
健康から遠ざかってしまうのではないでしょうか。


「ストレス」は、万病の元だそうです。

ストレスは、
体内に、有害な物質を生成します。



「病気の原因のほとんどはストレス」
という認識のお医者さんは、多いようです。

中には、
「病気の原因の90%はストレス」
というお医者さんも、いらっしゃるようです。



肌の調子も、
ストレスに、かなり左右されますよね。

不安や焦りから、
添加成分などを気にしすぎると、
かえって、肌トラブルになりそうです。


あと、寝不足が特に肌に影響が強いようですね。

せっかく、キレイになるために、
お化粧しているのですから、
気にしすぎることなく、
楽しんで、
コスメライフをおくるのが、
いいのではないでしょうか。

とはいえ、
まったく気をつけないというのも、
問題ありますよね。

注意レベルが非常に高い成分
(たとえばタール色素)まで、
まったく気にしないというのは、
あまりにも無防備です。



家の鍵もかけずに、外出するようなものです。

家の鍵をかけてから外出するくらいは
したほうがいいですね。(汗)

脅迫観念にかられて、
何度も何度も鍵を確認する必要はありませんが、、。
それと同じようなもので、、

要は、バランスです。


バランスよく、
楽しく、添加成分やコスメと
つきあっていけたら、いいですね。♪



≫≫ このブログの 目次(もくじ) を見る

tag : コスメ成分の安全性・危険性の考え方 コスメ 成分・コスメ

ピックアップ
記事リスト
表示中の記事
もくじ・サイトマップ
目次 (TopPage)  全記事一覧
カテゴリ
PDタグリスト
 
CssTagCloud

ヘアケア  ダメージヘア対策  コーティング剤  レビュー  洗い流さないトリートメント  シャンプー  安全性・危険性  成分・ヘアケア  ノンシリコンシャンプー  コスメ  シリコン・ノンシリコン論  成分・シャンプー  トリートメントレビュー  シャンプーレビュー  目次  アミノ酸系シャンプー  コスメ成分の安全性・危険性の考え方  パサパサ髪対策  口コミ  クリーム  ラサーナ  スキンケア  シリコン入りシャンプー  カタツムリコスメ  成分・コスメ  シャンプーの使い方  ハホニコ十六油  ファッション  リンス・トリートメントの使い方  香りのいいシャンプー  オレフィンスルホン酸Na  トリートメント  石ケン系シャンプー  椿油  ラウリル硫酸・ラウレス硫酸  頭皮ケア  ヘアケアトライアル  おすすめシャンプー一覧  コスメレビュー  ノンシリコントリートメント  実体験レビュー  成分・界面活性剤  成分・防腐剤  無添加トリートメント  無添加シャンプー  ベタイン系シャンプー  ミルボン  アロマのやさしさ  パラベン  ケラスターゼ  すすぎ  レインウェア  ヘアケア最強バイブル  お得セット  レインブーツ  硫酸系シャンプー  プロのノウハウ  ヘアケア本  価格比較  コスメトライアル  耳より情報  ストレートジェル  コーセー  SALASA  男性用  ヘアケアランキング  レヴール  凜恋  大きいサイズ  タール色素  シャネル  ジュレーム  ブーツ  大島椿  トリートメント比較  黒ばら本舗純椿油  三原椿油  せっけん  ナチュールアロマシャンプー  ダフナ  入学式スーツ  ディーセスエストクアルSO  ディーセスエストクアルSL  シリコン入りトリートメント  目次トップ  エリシーナ・プラス  コスメランキング  ムートンブーツ  フェノキシエタノール  

月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム
ご連絡は、こちらからお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

参加ブログランキング一覧
i2i
資産運用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。