スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


≫≫ このブログの 目次(もくじ) を見る

ラウレス硫酸アンモニウムとは? 安全性や特徴

ラウレス硫酸アンモニウムは、
シャンプーに最近よくつかわれている
成分ですね。

⇒  ラウレス硫酸アンモニウム を含むシャンプー一覧
けっこう、たくさんありますね。
ここまで多いとは思っていませんでした。



石油系・高級アルコール系の
界面活性剤(洗浄成分)です。


より知名度のある有名な成分、
「ラウレス硫酸Na」と、
「ラウレス硫酸アンモニウム」は、
基本的に同じようなものです。

ただ、
ラウレス硫酸Naよりかは、
ラウレス硫酸アンモニウムのほうが
コンディショニング効果があるよう
なので、重宝されるのでしょうね。
刺激も、
ラウレス硫酸アンモニウムのほうが、
穏やかです。

【特徴】
・洗浄力、脱脂力がとても強い
・泡立ちがいい。
・スッキリさっぱり。使用感がいい
・原価が安い

洗浄力が非常に強力なので、
気をつけないと、
必要な油分までも奪い去ってしまう
ようです。

頭皮が弱い方やアレルギー体質の方、
乾燥(ドライ)気味の肌質の方、
髪がパサパサの方などには、
おススメできません。

髪・頭皮がとても油分が多い方なら、
使っても、それほど問題はないでしょう。


「ラウリル硫酸」と名のつく成分は
脱脂力が強力な上、
皮膚への浸透力も強く、
ぜひとも避けたい成分ですね。

しかし、
「ラウレス硫酸」が名のつくものは、
脱脂力が非常に強力なこと以外は
そこまで危ない成分ではありません。

「ラウリル」と「ラウレス」は
はっきり区別したほうがいいです。

⇒  ラウレス硫酸アンモニウム を含むシャンプー一覧

有名なメーカーやシャンプーが
たくさんありますね。




≫≫ このブログの 目次(もくじ) を見る

tag : ラウリル硫酸・ラウレス硫酸 成分・界面活性剤 成分・ヘアケア 成分・シャンプー 安全性・危険性 ヘアケア 頭皮ケア ダメージヘア対策

オレフィン(C14-16)スルホン酸Na の危険性と正体

オレフィン(C14-16)スルホン酸Naって
知ってますか?

さいきん、シャンプーの洗浄成分として、
使われることが増えてきてるんですよ~。



でも…、

このオレフィンスルフォン酸って、
ちょっと気をつけなきゃいけない成分だったりします。


すっごく洗浄力がつよくて、
必要な油分まで、根こそぎうばっちゃう可能性が
あるんですよね~


やはり、オレフィンスルホン酸Naではなく、
髪の皮脂をとりすぎず、
マイルドなアミノ酸系のシャンプーがおすすめです。

厳選 アミノ酸&ノンシリコンシャンプーランキング
 品質だけでなく、コストパフォーマンスや香りの良いシャンプーの中から選び抜きました。



そこまで危険性の高い成分でもないのですが、
オレフィンスルホン酸Naが
洗浄成分のメインとして使ってる場合は要注意です。



食器を洗う合成洗剤に使われているような成分なんで、
ものすごい洗浄力ですよ。



それに、頭皮への刺激も、
そこそこあります。


いま使ってるシャンプーにはいってたら、
ちょっと気をつけてくださいね(汗)。


それにしてもなぜ、

オレフィン(C14-16)スルホン酸Naが
使われることが多くなってきてるんでしょうか?


いまや、かなり悪名高い
「ラウレス硫酸Na」っていう
強力な洗浄成分があります。

悪名たかいけど、
コストの安さや洗浄力の強力さは、
シャンプーメーカーにとって、ものすごく魅力なのです。


でも、自然派をうたうシャンプーとしては、
ラウレス硫酸Naを、あまり使いたくありません。

そんな要望に、
ちょうどいい成分があったんです。

それが、

オレフィン(C14-16)スルホン酸Na


なんですね~!


オレフィン(C14-16)スルホン酸Naも、
コストがとても安くついて、
すごい強い洗浄力をもつ成分だから、
ラウレス硫酸Naの代わりとして、
ちょうどいいんです。


しかも、


「聞こえがいい」!!



「聞こえがいい」
というのは、ものすごく重要です。


まだまだ大半の人は、
シャンプーをイメージで買うと思うのですよ。

だから、
「聞こえがいい」
というのは、最重要といっていいくらいです。


オレフィン(C14-16)スルホン酸Naは、
植物由来のものもあります。

だから

自然派
と言えるんです。


旧指定成分ではありませんから、
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naを使っても、


「無添加」
と宣伝を打てます。


そのような理由で、
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naは、
非常に「聞こえがいい」のです。




★洗浄力(脱脂力)がかなり強力です。

●「食器用洗剤」「住居用洗剤」などに
 よく使われています。

●原価が安くて、「聞こえがいい」ため、
 メーカーにとって都合がいい。

このような特徴がオレフィンスルホン酸Naにはあります。


やはり、
強力すぎる洗浄力・脱脂力

が、問題なのですね。




「ラウレス硫酸Naを使ってません!」

とうたっているのに、

オレフィン(C14-16)スルホン酸Naは使っている
シャンプーを見かけます。


たしかに、
ラウレス硫酸Naより、
オレフィンスルホン酸Naのほうが、
多少、刺激は和らいでるようです。

が、洗浄力は同じくらいなのです。

刺激は、
ラウリル硫酸Naより、ずっと緩和されてます。
ラウレス硫酸Naよりも、多少緩和されてます。

だから、
オレフィンスルホン酸Naは、
そんなに悪い成分でもありません。



洗浄力が強すぎるのが、
問題なだけです。


だから、
オレフィンスルホン酸Naを使っていたとしても、
ほかの成分で、
洗浄力のバランスをとっていれば、
それほど問題はありません。




ラウレス硫酸Naもオレフィン(C14-16)スルホン酸Naも、、
シャンプーの主成分ではなく、
サブ的な洗浄成分として使うには、
洗浄力をひきあげ、いいサポート役になります。

(超悪名高いラウリル硫酸Naよりは、
 ラウレス硫酸Naも
 オレフィン(C14-16)スルホン酸Naも、
 安全性がずっと高いのです。)

髪にやさしい「アミノ酸系洗浄成分」だけでは、
全体的に、
洗浄力が弱くなりすぎてしまうことがあります。

そのようなときに、
サポートのサブ役として、
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naが
生きるでしょう。

同じように、
ラウレス硫酸Naも、
サブ的に使う分には良い成分です。

それでも、
頭皮の弱い人や、乾燥肌の人、
髪がパサパサしている人には、
サブとしても、おすすめできません。

オイリー(脂性)の人にのみ、
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naが
サブ的役割をしているシャンプーを、
おすすめできます。


オレフィンスルホン酸Naは、

有名なシャンプーでも、使っています。

たとえば、
このシャンプーこのシャンプー
つかってます。



オレフィンスルホン酸Naも、べつに悪い成分ではありません。

ですが、パサパサ髪やダメージヘアの方は、
洗浄力がマイルドなアミノ酸シャンプーをおすすめします。


厳選 アミノ酸&ノンシリコンシャンプーランキング



≫≫ このブログの 目次(もくじ) を見る

tag : オレフィンスルホン酸Na ラウリル硫酸・ラウレス硫酸 ヘアケア 成分・シャンプー 成分・ヘアケア 成分・コスメ 安全性・危険性

レヴール シャンプー のレビュー・口コミ・成分分析

レヴール 紫のチカラ モイスト&グロス シャンプー500ml

「3秒に1本売れているノンシリコン」
がキャッチコピー。

公式サイトでは
「1.5秒に一本」と書かれていました。


土屋アンナ、長澤まさみ、
きゃりーぱみゅぱみゅ、本仮屋ユイカ、大政絢
(敬称略)

と、
レヴールはCMに
ものすごい豪華な女優さんたちを
使ってますね~!



そんな
レヴール(Reveur)シャンプーですが、
実際はどうなのでしょう。

まず、
せっかくノンシリコンをアピールしているのに、
シャンプーはノンシリコンでも、
トリートメントは
多めにシリコン(シクロメチコン)が
配合されてます。
ノンシリコンに徹したい人は、
注意が必要です。


レヴールシャンプーは、
4種類ありますね。

【レヴールシャンプー おススメ順】
★ 橙レヴール フォーカラー(カラーヘア用)

★ 紫レヴール モイスト&グロス(うるおい&ツヤ)

★ 桃レヴール スカルプ(頭皮用)

★ 緑レヴール リッチ&リペア(ハリコシ&補修)




じつは、この4種類、
成分的に、ぜんぜん質が違います。

一番のおススメは、
オレンジ「レヴール フォーカラー」です。

レブール

主成分に、なんと
「ココイルグルタミン酸TEA」という
非常に高価でいい成分が配合されています。

オレフィン(C14-16)スルホン酸Naがサブとして
使われていて、
全体的な洗浄力のバランスをとっています。

カラーヘアにしない人に対しても、
レヴールでは、「フォーカラー」をおススメします。


反対に、
あまりおススメしないのは、
グリーンの「レヴール リッチ&リペア」です。

主成分に悪名高いラウレス硫酸Naが使われています。

補修に特化しているはずの、
グリーンのレヴールのはずなのですが・・・


このように、
おなじレヴールでも、
成分的な品質がまったく違います。



口コミをみるかぎり、
レヴールは4種類全てにおいて、
評判がすごくいいです。

ですから、成分的な品質の違いは、
口コミではわかりません。


個人的な
レヴールのおススメ順は、

オレンジ、むらさき、ピンク、グリーン

となります。


1番のおすすめは、
オレンジのレヴール フォーカラー
レブール

2番目のおすすめは、
紫のレブール モイスト&グロス




レブールシャンプーは、
1mlあたり2円と、
ノンシリコンシャンプーにしては非常に安いです。

成分品質的にも、
市販にしては、とてもいい方です。

≫≫ レヴールシャンプー フォーカラー 最安値をチェック!




≫≫ このブログの 目次(もくじ) を見る

tag : レヴール シャンプー ノンシリコンシャンプー シャンプーレビュー レビュー 口コミ オレフィンスルホン酸Na ラウリル硫酸・ラウレス硫酸

ラウリル硫酸Naとラウレス硫酸Na

ラウリル硫酸Naとラウレス硫酸Na



シャンプーをみるときに、
一番に、チェックするべき成分が、
この二つ。





シャンプーの合成界面活性剤で、


「ラウリル硫酸Na」


「ラウレス硫酸Na」


は、特に刺激と毒性が強いといわれています。


この二つのどちらかが、
成分のトップになっているような
シャンプーは、
避けたほうがいいでしょう。


くらべると、

「ラウリル硫酸Na」のほうが、
ひどいです。

「ラウレス硫酸Na」のほうは、
かなり、マシです。




■ラウリル硫酸Na

硫酸系の界面活性剤でも、
一番、刺激・毒性が強いと
いわれています。


分子量が小さいので、
肌の中で、浸透していきやすいです。

つまり、「経皮毒」に
なる可能性が、十分にあります。

毎日つかうシャンプーですから、
どんどん体内に、
ラウリル硫酸Naが、
蓄積していくことになります。

とにかく、地肌への刺激が強いです。


洗浄力、脱脂力(油分を奪う力)も、
ものすごく強力です。


頭皮・髪の毛の油分を、
ごっそり、奪われてしまいます。

頭皮が乾燥し、
毛穴も痛みます。


このラウリル硫酸Naを
メインの洗浄成分に
使っているシャンプーは、
全力で避けてください。

ラウリル硫酸Naを、
メインの洗浄成分に使っているような
シャンプーは、
ほとんど、見かけなくなりました。

それでも、たまにですが、
このラウリル硫酸Naを
メインに使っているシャンプーが
あります。
(有名ブランドでも、
 使っているシャンプーがあります)

全力で、避けましょう。




■ラウレス硫酸Na


さきほどの「ラウリル硫酸Na」よりは、
かなり、刺激も毒性もマシです。

「ラウリル硫酸Na」の
分子量を大きくしたものが、
「ラウレス硫酸Na」なのです。


分子量が大きくなったので、
肌の中に、浸透しにくくなっています。

「経皮毒」になりにくいのです。

だから、刺激・毒性が、
かなりマシになっているのです。
刺激・毒性は、
それほど気にする必要はないと
思われます。



ただし、
脱脂力(油分を奪う力)は
ものすごく強力です。

ラウレス硫酸Naが、
洗浄成分のメインに使われているような
シャンプーは、
ものすごく
洗浄力が強力ということです。


頭皮・髪の毛の油分を、
ごっそり奪われます。
(それをシリコンや安価な油分で
 ゴマかしています。)

頭皮が乾燥し、毛穴が痛みます。


オイリーな髪質の人ならば、
使ってもいいかもしれません。



パサパサ髪の人は、
絶対に使ってはいけません。


敏感肌の人や
ダメージヘア、ビビリ毛なども、
避けたほうがいいです。


サブ的な洗浄成分として
ラウレス硫酸Naが
シャンプーに混入されている場合は、
洗浄力を補助的にアップさせているということで、
あまり気にしなくていいでしょう。


市販のシャンプーの
8割か9割以上は、
このラウレス硫酸Naが
メインの洗浄成分となっています。

(美容院専用のシャンプーも
 多くが、ラウレス硫酸Na使ってます。)

気をつけてください。



【 関連記事 】
≫ シリコンシャンプーのデメリット&メリット
≫ ダメージヘア対策に シリコン vs ノンシリコン
≫ ノンシリコンのメリット(長所)
≫ ノンシリコンのデメリット(短所・欠点))
≫ ラサーナ シリコン入ってるけど大丈夫?
≫ ラウリル硫酸Naとラウレス硫酸Na
  (シャンプーで一番注意するべき成分)


≫≫ このブログの 目次(もくじ) を見る

tag : ラウリル硫酸・ラウレス硫酸 成分・界面活性剤 成分・ヘアケア 成分・シャンプー 安全性・危険性 ヘアケア 頭皮ケア ダメージヘア対策

ピックアップ
記事リスト
表示中の記事
もくじ・サイトマップ
目次 (TopPage)  全記事一覧
カテゴリ
PDタグリスト
 
CssTagCloud

ヘアケア  ダメージヘア対策  コーティング剤  レビュー  洗い流さないトリートメント  シャンプー  安全性・危険性  成分・ヘアケア  ノンシリコンシャンプー  コスメ  シリコン・ノンシリコン論  成分・シャンプー  トリートメントレビュー  シャンプーレビュー  目次  アミノ酸系シャンプー  コスメ成分の安全性・危険性の考え方  パサパサ髪対策  口コミ  クリーム  ラサーナ  スキンケア  シリコン入りシャンプー  カタツムリコスメ  成分・コスメ  シャンプーの使い方  ハホニコ十六油  ファッション  リンス・トリートメントの使い方  香りのいいシャンプー  オレフィンスルホン酸Na  トリートメント  石ケン系シャンプー  椿油  ラウリル硫酸・ラウレス硫酸  頭皮ケア  ヘアケアトライアル  おすすめシャンプー一覧  コスメレビュー  ノンシリコントリートメント  実体験レビュー  成分・界面活性剤  成分・防腐剤  無添加トリートメント  無添加シャンプー  ベタイン系シャンプー  ミルボン  アロマのやさしさ  パラベン  ケラスターゼ  すすぎ  レインウェア  ヘアケア最強バイブル  お得セット  レインブーツ  硫酸系シャンプー  プロのノウハウ  ヘアケア本  価格比較  コスメトライアル  耳より情報  ストレートジェル  コーセー  SALASA  男性用  ヘアケアランキング  レヴール  凜恋  大きいサイズ  タール色素  シャネル  ジュレーム  ブーツ  大島椿  トリートメント比較  黒ばら本舗純椿油  三原椿油  せっけん  ナチュールアロマシャンプー  ダフナ  入学式スーツ  ディーセスエストクアルSO  ディーセスエストクアルSL  シリコン入りトリートメント  目次トップ  エリシーナ・プラス  コスメランキング  ムートンブーツ  フェノキシエタノール  

月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム
ご連絡は、こちらからお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

参加ブログランキング一覧
i2i
資産運用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。