スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


≫≫ このブログの 目次(もくじ) を見る

ついに見つけた! コスパも質も香りもいいノンシリコンシャンプー

コスパと香りが非常にいいノンシリコンシャンプーを
厳選しました。

トリートメント・リンスもノンシリコンのものばかりです。


【【良質で安価なノンシリコンシャンプー 厳選ポイント】】
 ★頭皮と髪に優しいアミノ酸系シャンプー
 ★コストパフォーマンスの良さ
 ★香りの良さ
 ★原料・配合成分の質とバランスの良さ
 ★安全性の高さ
 ★使い心地の良さ
 ★口コミなどの評判

香りがいいと、非常にリラックスできますね。
癒され方が全くちがってきます。
人工的な香りではなく、自然な香りであってほしいですね。



1位 rinRen(凜恋/りんれん) シャンプー




1943円/550ml(1mlあたり 3.5円)
非常に高いコストパフォーマンス。

公式サイト限定販売の1000mlの詰め替え用だと、
さらにもっと安くなります。

シリーズ280万本突破の人気ノンシリコンシャンプー。

アミノ酸系&ベタイン系の洗浄成分配合。

洗浄成分のメインがアミノ酸系ということで、
安心ですね。


シリコンやパラベン、7種類の合成成分不使用。



日本各地から厳選したこだわりの植物24種類の成分を配合。
バラ・ゆずの自然な香りが、なんともいえず、
心地いいです。

個人的に、【ローズ】の香りがあるというのが非常にポイント高いです。
バラの香りはすごく好きなんですよ。

≫≫ 凜恋(りんれん)の詳細 レビュー&注意点

≫≫ ノンシリコンシャンプー rinRen(凜恋/りんれん)
(公式サイト)




2位 AROMA KIFI(アロマキフィ)シャンプー




500ml/1500円(1mlあたり 3円)
コストパフォーマンス、良いですね。
(アミノ酸系シャンプーは、一般的に 1mlあたり5~12円します。)

メインの洗浄成分がタウリン系&ベタイン系というマイルドで低刺激の布陣。
(アミノ酸系シャンプーより低刺激です。)

成分の安全性の高さとバランスは、申し分ありません。

しかも、
アロマセラピーの専門会社の
天然アロマオイルを使用しているので、
香りの良さは際立っています。
(お湯で流した後は、におわなくなります。)
シャンプーだけでなく、コンディショナーまでノンシリコン
頭皮が気になる人には、なかなか、いいのではないでしょうか。


≫≫ アロマキフィシャンプーの詳細 レビュー
≫≫ AROMAKIFIアロマキフィシャンプー&コンディショナー
 (公式サイト)



3位 アロマのやさしさ



2940円/500ml(1mlあたり 5.9円)
詰替用 2730円/500ml(1mlあたり 5.2円)
アミノ酸系シャンプーにしては、かなり安いです。

良質の成分を徹底して厳選しようとする姿勢が、
そこかしこに感じられます。
サイトでは、全成分一つ一つについての説明文がつけられており、
安全性に対する意気込みがほんとうにスゴイ。

シリコン・コーティング剤・旧指定成分・合成香料・着色料
全て無添加。

アロマテラピーでキャリアオイルとしてよく使われている
ホホバ油などを油分として配合。
オレンジ油、ローズマリー油、ラベンダー油など、
天然エッセンシャルオイルをふんだんに使っています。

≫≫ 天然アミノ酸シャンプー「アロマのやさしさ」







≫≫ このブログの 目次(もくじ) を見る

tag : ヘアケア シャンプー ノンシリコントリートメント シャンプーレビュー 香りのいいシャンプー ノンシリコンシャンプー ヘアケアランキング アミノ酸系シャンプー おすすめシャンプー一覧

シャンプーは大きく分けてこの4種類。 大事なポイントはここ!

シャンプーは、何で出来ているか、ご存知ですか?

シャンプーの50~60%は、水。
30~40%は、界面活性剤(洗浄成分)。



シャンプーのほとんどは、

「水」と、「界面活性剤」なのです。!



つまり、、、


シャンプーの質は、

「界面活性剤」が何なのかによって、

ほとんど全て決められてしまう。


ということです。

もちろん、
いい水を使っていることや、
コーティング剤が何であるかも、大事ではあります。


しかし、水以外のシャンプーの成分のほとんどを占める

「界面活性剤」がどんなものであるか???

これが、シャンプー選びで
ものすごく重要なことなので、
ぜひ、覚えておいてください。

シャンプーには、主成分(界面活性剤)によって、
大きく4種類に分けられます。

☆高級アルコール系シャンプー
☆せっけん系シャンプー
☆アミノ酸系シャンプー
☆ベタイン系シャンプー

(本当は、もっといっぱいありますが、
 キリがないので、しぼって4種類だけ紹介してます。)

ご自分の髪質や頭皮の肌質によって、
どの種類のシャンプーと相性がいいか知っておくことは、
非常に大事なことです!

■ 高級アルコール系シャンプー

一般に出回っているシャンプーは、
ほとんどがこの高級アルコール系シャンプーです。
泡立ちがよく、洗浄力が強いため、
使ったあとのスッキリ感は格別。
しかし、肌への刺激が強く、洗浄力が強力すぎて
頭皮や髪の必要な脂分まで奪ってしまうことがあります。
敏感肌・乾燥肌の人、ダメージヘアの人には、
おススメできません。



■ 石けん系シャンプー

石鹸が主成分です。
洗浄力がとても強いです。
肌への刺激は低いといわれていますが、
実際にはアルカリ性なので、肌へのダメージはかなりあるでしょう。
生分解性にすぐれ、環境にやさしいです。
アルカリ性なので、キューティクルが開きやすくなったり、
せっけんカスが発生して頭皮につまりやすくなったりします。、
髪がゴワゴワしたりキシキシしやすいのです。
そこで、しっかり洗い流すことと、
クエン酸配合リンスやお酢リンスなどで
髪を弱酸性に戻すことが大切です。



■ アミノ酸系シャンプー

体と同じアミノ酸が主成分なので安全性が高いのが特徴。
生分解性が高く、環境にもやさしいです。
肌への刺激も非常に低いので、敏感肌の人にいいでしょう。
洗浄力はほどほどで、適度に頭皮と髪に油分が残るのが
頭皮と毛髪をすこやかに保つのにとてもいいです。
ですが、泡立ちや洗浄力がほどほどなので、
物足りなさを感じることがあるかもしれません。
ドライな頭皮の人、肌が弱い人、ダメージヘアの人におススメです。
原価が高くなってしまうのがデメリット。



■ ベタイン系シャンプー

全体的にアミノ酸系シャンプーに近い特徴をもっている
ベタインシャンプー。
アミノ酸系シャンプーよりも、安全性が高く、
それでいて、泡立ちもいいし、カラーやパーマの持ちもいいという
超優れもの。
お値段がアミノ酸系シャンプーを同じくらい高くなるのがデメリット。



ドライな頭皮の人、ダメージヘア、肌が弱い人には
「アミノ酸系シャンプー」「ベタイン系シャンプー」が
おススメです。


オイリーな頭皮の人にも、
「アミノ酸系シャンプー」「ベタイン系シャンプー」がおススメ。

よほどオイリーなら、
「高級アルコール系シャンプー」でもいいかもしれません。
おススメというわけではありません。
(ただし、ラウリル硫酸NaのものはNGです!
 ラウレス硫酸NaのものならOKです。)



アミノ酸系シャンプーは洗浄力がほどほどなので、
オイリーなひとには物足りないかも・・・。
シャンプー前後のすすぎを徹底してください。
泡立ちと洗浄力が良くなります。



≫≫ このブログの 目次(もくじ) を見る

tag : ヘアケア シャンプー アミノ酸系シャンプー ベタイン系シャンプー 石ケン系シャンプー 硫酸系シャンプー 成分・シャンプー 成分・ヘアケア 頭皮ケア

パサパサ髪をツヤツヤしっとり美髪にケア 3つのポイント

パサパサ髪をツヤツヤしっとり美髪にケア 3つのポイント

縮毛矯正・パーマ・ブリーチ・ヘアカラーで、
髪の毛はボロボロのバリバリ。

毛先も枝毛だらけで、パサパサ髪まっしぐら。

剛毛で、髪の毛が太くて多い…。

ツヤもなくて、髪に水分がほとんどありません。

紫外線で、夏の疲れも・・・



そんなこんなの、パサパサ髪。




ちょっとの工夫で、
ツヤツヤさらさらのしっとり美髪に。


★ 豚毛ヘアブラシ
 マイナスイオンブラシに変えてみる。


安物の、ナイロン製やプラスチックブラシだと、

静電気が発生して、髪の毛がダメージ受けます。

静電気が発生しにくい、いいブラシに変えるだけで、
かなり違います。




★ 鉄分をしっかり取る!


鉄分が足りないと、髪の毛はパサパサしやすくなります。
鉄ナベ、鉄フライパンを使ったり、
鉄のサプリメントを活用するといいですね。
鉄分の吸収を良くするため、
ビタミンCの補給もおすすめです。




★ アミノ酸系シャンプーにしてみる。


スーパー、ドラッグストアのシャンプーをチェックすると、
ほとんどが、「ラウレス硫酸Na」という、
かなり刺激が強く、脱脂力(油分を奪う力)も強い成分を
ベースに使っています。
硫酸系のシャンプーをやめるだけでも、
かなり違うはずです。

良質のアミノ酸系シャンプー、トリートメントが、
いいと思います。


せっけんシャンプーでもいいのですが、
せっけんシャンプーも、
脱脂力が強く、きしみやすいので、
挫折しやすいのです。



あと、シリコンは、
マイナスイメージが強いのですが、
ひどいダメージヘアには、
シリコン成分は、強い味方です。

ノンシリコンより、シリコン入りシャンプーにしたほうが
いいと思います。






より詳しく、ダメージヘア対策を知りたいなら、こちら

≫≫ ダメージヘア改善の注意点



【 関連記事 】


≫≫ 石鹸シャンプーの効果的な使い方、コツ


≫≫ ダメージヘア対策に シリコン vs ノンシリコン

≫≫ シリコンシャンプーのデメリット&メリット



≫≫ このブログの 目次(もくじ) を見る

tag : ヘアケア ダメージヘア対策 パサパサ髪対策 アミノ酸系シャンプー

アロマのやさしさ 口コミ・実際の効果は?

アロマのやさしさ 口コミ・実際の効果は?



「アロマのやさしさ」口コミ・レビュー集

天然アミノ酸シャンプー「アロマのやさしさ」です。
「アロマの優しさ」ではありません。



ナチュール アロマシャンプー」も、「アロマのやさしさ」も、
さいきん、人気みたいです。



「アロマのやさしさ」の口コミを見ていると、
アミノ酸シャンプーだけあって、
ラウレス硫酸Na、ラウリル硫酸Naを避けて、
「アロマのやさしさ」を使い始めた人が多いようです。



あと、石鹸シャンプーが合わなくて、
天然アミノ酸シャンプーである
「アロマのやさしさ」に乗り換えた人も多いようです。





やはり、石鹸シャンプーは
独特の「きしみ」を感じる人が多いようなのですね。



では、天然アミノ酸シャンプーの「アロマのやさしさ」は、
「きしみ」は大丈夫なのでしょうか?



口コミによると、
やはり、「アロマのやさしさ」」も、
多少はきしむようですが、
石鹸シャンプーより、かなりマシであるようです。

しかも、「アロマのやさしさ」を使い続けるうちに、
ちょっとずつ、きしみも、マシになっていくようです。



石鹸シャンプーはイイとおもうのですが、
やはり、合わない人もいるので、
そういう人は、アミノ酸シャンプーを使うといいですね。




「アロマのやさしさ」口コミ・レビュー
見ていただければわかるように、
評価は、ものすごく高いです。
あと、口コミ・レビュー数も、とても多いです。





でも、欠点・デメリットが無いわけではないのですね。




口コミ情報によりますと、、、


【アロマのやさしさ デメリット】
●アミノ酸シャンプー特有のヌルヌル感がある。
●はじめのうち、きしみ・パサパサ感がある。
 (ホホバ油などで補うと良い)
●ラベンダーの香りがする。(苦手な人もいる)
●中には、合わない人もいる。(すごく少ないけれど)




心配な人は、
「アロマのやさしさ」 お試しから
使ったほうが、
無難は無難ですね。

お試ししなければ、結局はわからないというのは、
「アロマのやさしさ」シャンプーに
限ったはなしではありませんが・・・。


⇒ 「アロマのやさしさ」 お試し品(30ml)




口コミ情報で多かったものを、まとめます。

【アロマのやさしさ メリット】
●じっさい、サラサラになった人が多い。
●自然なつや・コシが出てきた。
●フケ・かゆみがおさまった人が多い。
●リンスをしなくてもいいというのが、ラク。
●リンス・トリートメントなどが要らないので、
 かえってコストパフォーマンスがいい。

●ラベンダーの香りがいい。(エッセンシャルオイル)

ノンシリコンなのが、いい。



●成分が、すごくいいから、安心。
 (じっさい、いいもの使ってますね。
  ココイルグルタミン酸Naとか、かなり高価で、いい成分ですよ。)



あ。そうそう。


天然アミノ酸シャンプー「アロマのやさしさ」開発物語★

これは、かなり面白かったです。

エッセンシャルオイル専門店が、
いいシャンプーをつくろうとしたけれど・・・

研究員の方から、
次々と、衝撃的なことを、言われてしまってますね。(笑)

いや?こんなこと言われたら、ショックだと思いますよ。


わたしだったら、しばらく、立ち直れないかも・・・。



でも、実話なんですね??。^^;


天然アミノ酸シャンプー「アロマのやさしさ」も、
つくるのに、紆余曲折あったのですね。




⇒ 天然アミノ酸シャンプー「アロマのやさしさ」
  楽天で最安値の通販ショップを探す

(楽天で、価格が安い順に、商品を並べています。
 激安・格安が探しやすくなってます。)


≫≫ このブログの 目次(もくじ) を見る

tag : アミノ酸系シャンプー アロマのやさしさ 口コミ レビュー シャンプーレビュー ノンシリコンシャンプー 無添加シャンプー シャンプー 香りのいいシャンプー

ナチュール アロマシャンプー レビュー

ナチュール アロマシャンプー レビュー

以前紹介した「アロマのやさしさ」と
コンセプトが、とても似たシャンプーです。
容量も値段も同じくらいというのが、
また面白いです。^^



●アミノ酸系シャンプー
●ノンシリコン
●無添加(合成界面活性剤・合成着色料・パール化剤・合成香料・パラベンなど)
●リンス不要
●エッセンシャルオイル(精油)配合



というコンセプトが、とても、いいですね。



やはり、「アロマのやさしさ」と、
とても似ています。


≫≫ 「アロマのやさしさ」アミノ酸シャンプー レビュー



この「ナチュール アロマシャンプー」、
全体的に、成分もいいとは思うのですが・・・。

残念なことに、
ベースの洗浄成分が、
「オレフィン(C14-16)スルホン酸Na」
なんですよね・・・。^^;

ベースの洗浄成分ではなく、
成分表の4番目か5番目以降に入ってるのなら、
全体的な洗浄力を少し持ち上げるという意味で
使われているので、良かったのですが、
「水」の次に来てますから、
完全に、ベースの洗浄成分です。

「オレフィン(C14-16)スルホン酸Na」は、
悪名高い硫酸系の界面活性剤と、
洗浄力・脱脂力が同じくらいで、
頭皮への刺激も強いのです。

植物由来とはいえ、
要注意な成分なのです。

せっかく、
ほかの洗浄成分(ココイルグルタミン酸TEAなど)
は、いいものを使っているのに、
もったいないと思います。

とはいえ、
「オレフィン(C14-16)スルホン酸Na」は、
総合的にみると、
シャンプーによく使われている
「ラウリル硫酸Na」「ラウレス硫酸Na」
よりかは、確かにマシではあります。
あと、ほかにいい洗浄成分もブレンドされています。
ですから、
一般的な市販のシャンプーに比べると、
かなりマシです。

「市販のシャンプーは怖い…
 でも、ほかのアミノ酸シャンプーだと
 なにか物足りない…」
という人に、
中継地点として、
いいかもしれません。
(いきなり、
 低刺激のアミノ酸シャンプーに移行すると、
 挫折する人も多いので。)


普通のアミノ酸シャンプーのマイルドな
洗浄力には、物足りない人、
「さっぱり感」が欲しい人には、
いいかもしれません。
あと、すごくオイリーな人には
いいかもしれません。

敏感肌の人や、
頭皮が気になる人、
髪の毛がパサパサしている人には、
向かないと思います。



⇒ ナチュール アロマシャンプー 口コミレビュー

この口コミレビューをみると、
ものすごく評判いいですね。^^
他サイトの口コミレビューもチェックしてますが、
すごく評判がいいです。
普通の一般的なシャンプーから、
抵抗なく、移行しやすいのかもしれません。


>> ナチュール アロマシャンプー 一覧




「ナチュール アロマシャンプー」と、
コンセプトが非常に似たシャンプー「アロマのやさしさ」も、レビューを書いてます。
良かったら、比較してみてください。

≫≫ 「アロマのやさしさ」アミノ酸シャンプー レビュー




【アロマシャンプー全成分】
水、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、ココイルグルタミン酸TEA、コカミドプロピルベタイン、ジオレイン酸PEG-120メチルグリコース、ペンチレングリコール、PEG-60水添ヒマシ油、フェノキシエタノール、トコフェロール、ホホバ油、ラウリルベタイン、アルギニン、ポリクオタニウム-10、オレンジ油、ラベンダー油、パンテノール、ヒノキチオール、グリチルリチン酸2K、アラントイン、黒砂糖エキス、加水分解シルク、ルイボスエキス、褐藻エキス、カミツレエキス、ローズマリーエキス、加水分解コラーゲン
★ナチュール アロマシャンプーの成分の詳しい解説★

≫≫ このブログの 目次(もくじ) を見る

テーマ : ヘア・ケア
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : シャンプーレビュー ナチュールアロマシャンプー 無添加シャンプー アミノ酸系シャンプー 香りのいいシャンプー オレフィンスルホン酸Na シャンプー ヘアケア

「アロマのやさしさ」アミノ酸シャンプー レビュー

「アロマのやさしさ」アミノ酸シャンプー レビュー






このシャンプーも、ダメージヘアケアに、
非常にいいシャンプーだと思います。

洗浄成分のトップが、
「ココイルグルタミン酸TEA」というのが、
非常にいいと思います。
「硫酸系」「スルホン酸系」が、
ベースに来ていないのが、
非常にいいです。



個人的に、
アロマ、エッセンシャルオイルが大好きなのです。

Tea-treeの森」という
アロマ・エッセンシャルオイルの専門店が
出しているシャンプーのようです。
エッセンシャルオイル専門店がシャンプーを
出していることが面白いですね。
その分、こだわりも苦労もあったようですが。

エッセンシャルオイル専門店が出しているだけあって、
ラベンダーのほか、多くのエッセンシャルオイルが
配合されています。
特に、ラベンダーの香りが濃く出ているので、
ラベンダー好きにはいいですが、
ラベンダーの香りが苦手な人には、
オススメできないですね。

といっても、そんなに強く香るわけではなく、
あくまで、「微香」です。
普通のシャンプーの香りの強さには、
まったく及びません。
かすかに、香るくらいの、控えめさです。
せっけんシャンプーやアミノ酸シャンプーは、
無香料のものが多いので、
ちょっと香りがほしいという人にはいいかと
思います。

【アロマのやさしさの長所】

●髪にやさしいアミノ酸系シャンプーである。
●硫酸系界面活性剤を使っていない。
●ノンシリコン
●天然成分・保湿成分・精油を豊富に配合
●リンス不要
●全成分を詳しく解説
●お試しサイズがある。(30ml)



【アロマのやさしさの短所】
●ノンシリコンなので、ダメージ修復の即効性はない。
●ハーブ系の香りが苦手な人には向かない。
●はじめ、「きしみ」を感じることがある。
●洗浄力がマイルドなため、さっぱり感が欲しい人や、非常にオイリーな人には向かない。


全体的に、非常にいいシャンプーだと思います。
保湿成分や精油が豊富に配合されていて、
要注意の成分が配合されてないのがいいです。

個人的には、「リンス不要」なのが一番いいかと(笑)。

「アロマのやさしさ」アミノ酸シャンプー 一覧

「アロマのやさしさ」口コミ情報
「アロマのやさしさ」 お試し


【全成分】
水(精製水)、ココイルグルタミン酸TEA、ラウロアンホ酢酸Na、ラウラミドプロピルベタイン、コカミドメチルMEA、ラウリン酸ポリグリセリル-10、ラウラミノプロピオン酸Na、ココイルアラニンTEA、ラウラミンオキシド、ホホバ油、コムギ胚芽油、精油(オレンジ、ローズマリー、ティーツリー、ラベンダー、ベルガモット、クラリーセージ油)、グリセリン、カミツレエキス(カモミールエキス)、セイヨウハッカエキス、メリッサエキス、セージエキス、レモングラスエキス、ユズ果実エキス、乳酸オレイル、クエン酸、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、ポリクオタニウム-10、BG、塩化Na、メタリン酸Na、エタノール、フェノキシエタノール



「アロマのやさしさ」と、非常にコンセプトの似たシャンプー
≫≫ ナチュール アロマシャンプー レビュー

よかったら、比較してみてください。

≫≫ このブログの 目次(もくじ) を見る

tag : アロマのやさしさ アミノ酸系シャンプー シャンプーレビュー レビュー ヘアケア シャンプー ノンシリコンシャンプー 香りのいいシャンプー

ダメージヘア対策で効果あるシャンプーは?

ダメージヘア対策で効果あるシャンプーは?


ダメージヘアのケアで、
効果があると思われるシャンプーを選んでみました。


わたし自身や家族の実体験。
まわりの人の意見を聞いてのことです。
(ネット上の口コミも、参考にしてます。)



■ピュアナチュラルシャンプー(さらさら・しっとり)
ノンシリコン。無添加。
安いし、非常にいいシャンプーですね。
もともと、美容師さんの手あれ防止のためにつくった
無添加シャンプーのようです。
ネット上の評判もとてもいいです。


■ラサーナ 海藻 海泥シャンプー
シリコン入。無着色、無香料。
ダメージがひどい人は、
このシリコン入シャンプーを、
使ったほうがいいと思われます。
海藻エキスも、しっかり効いているかんじがします。



■クラシエ いち髪シャンプー
ノンシリコン。
倖田來未さん、深津絵里さんのCMで有名。
保湿成分もしっかりしていて、
ダメージヘアには、とてもいいです。


■ミヨシ石鹸 無添加せっけん シャンプー
■シャボン玉石鹸 シャボン玉シャンプー

「やっぱり、合成界面活性剤はイヤ!
 せっけんがイイ!」
 という人は、この二つがいいでしょう。
 余計な成分が一切入ってません。
 せっけんシャンプーにすると
 キシむという意見が多いのですが、
 お酢リンスをちゃんとすると、かなり良くなります。
 あと、せっけんは、洗浄力強いので、
 二日か三日に一回、使うだけでいいと思います。
 使わない日は、髪をお湯でよくすすぐだけで十分です。



以上のシャンプーが、
ダメージヘア対策で、オススメです。


判断のポイントは、、


●ベースとなる洗浄成分が、
硫酸系の界面活性剤
(ラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Na、など)
を避けること。
アミノ酸系シャンプーやベタイン系シャンプー、など。
または石鹸シャンプーがベター。


●タール色素など、余分な色素が入ってないこと。

●なるべく無添加に近いこと。

●実際の使い心地。

●軽度のダメージヘアには
 「ノンシリコンシャンプー」。
 中度~重度のダメージヘアには
 「シリコン入りシャンプー」。



あまりにもダメージが酷い場合は、
シリコン入りのシャンプーを使い、
マシになってきたら、
ノンシリコンシャンプーに切り替えるというのが
個人的にオススメです。


以上の判断基準からは、
かけはなれたようなシャンプーであっても、
「すごく効果あった!!」
という人もいるから、
個人差も激しく、難しいところなんですけどね(笑)。


ネット上の口コミでは、
パンテーンエッセンシャルが、
やたら人気あるようです。
両方とも、使ったことがあります。
ですが、私の基準からは、かけ離れているんですよね。
硫酸系の界面活性剤を使ってるし…。
それでも、
「すごくツヤツヤになった!」
っていう人も確かにいるみたいです。
個人差というか、相性なんですかね、やっぱり。




≫≫ このブログの 目次(もくじ) を見る

tag : ヘアケア ダメージヘア対策 シャンプー おすすめシャンプー一覧 アミノ酸系シャンプー 石ケン系シャンプー シリコン入りシャンプー ノンシリコンシャンプー

ピックアップ
記事リスト
表示中の記事
→次
もくじ・サイトマップ
目次 (TopPage)  全記事一覧
カテゴリ
PDタグリスト
 
CssTagCloud

ヘアケア  ダメージヘア対策  コーティング剤  レビュー  洗い流さないトリートメント  シャンプー  安全性・危険性  成分・ヘアケア  ノンシリコンシャンプー  コスメ  シリコン・ノンシリコン論  成分・シャンプー  トリートメントレビュー  シャンプーレビュー  目次  アミノ酸系シャンプー  コスメ成分の安全性・危険性の考え方  パサパサ髪対策  口コミ  クリーム  ラサーナ  スキンケア  シリコン入りシャンプー  カタツムリコスメ  成分・コスメ  シャンプーの使い方  ハホニコ十六油  ファッション  リンス・トリートメントの使い方  香りのいいシャンプー  オレフィンスルホン酸Na  トリートメント  石ケン系シャンプー  椿油  ラウリル硫酸・ラウレス硫酸  頭皮ケア  ヘアケアトライアル  おすすめシャンプー一覧  コスメレビュー  ノンシリコントリートメント  実体験レビュー  成分・界面活性剤  成分・防腐剤  無添加トリートメント  無添加シャンプー  ベタイン系シャンプー  ミルボン  アロマのやさしさ  パラベン  ケラスターゼ  すすぎ  レインウェア  ヘアケア最強バイブル  お得セット  レインブーツ  硫酸系シャンプー  プロのノウハウ  ヘアケア本  価格比較  コスメトライアル  耳より情報  ストレートジェル  コーセー  SALASA  男性用  ヘアケアランキング  レヴール  凜恋  大きいサイズ  タール色素  シャネル  ジュレーム  ブーツ  大島椿  トリートメント比較  黒ばら本舗純椿油  三原椿油  せっけん  ナチュールアロマシャンプー  ダフナ  入学式スーツ  ディーセスエストクアルSO  ディーセスエストクアルSL  シリコン入りトリートメント  目次トップ  エリシーナ・プラス  コスメランキング  ムートンブーツ  フェノキシエタノール  

月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム
ご連絡は、こちらからお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

参加ブログランキング一覧
i2i
資産運用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。